ランニングサポーター久保のランニングスクール

練習効果を上げるためのオススメ活用法

PREV

NEXT

久保健二さん

ランニングサポーター 久保健二さん

  • ランニングが大好きで毎日のように走る傍ら、クラブチームのコーチも務め、
    数多くの一般ランナーの指導をおこなっている
  • ラン歴21年
  • 実業団陸上部に11年間在籍

こんにちは、ランニングサポーターの久保です。

マラソンに向けての走り込みの時期にとても大事にしている練習があります。

それはポイント練習の合間の「ロングジョグ」です。とにかくゆっくりとしたペースで距離を走ります。
※ポイント練習とは、距離走やスピード練習など、レースに向けて欠かすことのできない強度が高めの練習のことを指します。

私の場合、1回に15~20kmくらいの距離をゆっくりジョグして少し休憩を取った後、クラブの練習会やランニングイベントなどで再び10kmくらいの距離を走ります。
走る前何も食べませんから15~20kmくらいを走るとエネルギーがだんだんとなくなってくるんですね。この後、練習会やイベントが控えていますから何かしらの補給をしなければなりません。なぜかというと依然何も摂取せずに走ったのですが、突然エネルギー切れを起こしてしまったからです。それを機に、何をどこでどのようなタイミングで摂取するのが良いのかを考えるようになりました。

そこで私が最近活用している最強の組み合わせがこちら。

・走る前
アミノバリュー
BCAA摂取で走行中における身体のコンディションを保つ。
・練習中
ポカリスエット
水分補給はこれで安心。
・15~20km走った後
カロリーメイトゼリー
すぐにタンパク質を8.6gも摂れて、栄養バランス抜群。何しろ腹持ちがよく胃にもたれないので、次の練習会やイベントで安心して走ることができる。

練習会やイベント実施
・練習会やイベント終了後
ボディメンテ
タンパク質を10gも摂ることができ、乳酸菌B240で風邪などを引かない対策バッチリできる。90kcalと低カロリーで内容も少量のためお腹にももたれず、この後の夕食もきちんと食べることができる。

ソイジョイ
夕食まで時間が空くときは、糖質の吸収を抑えるための前菜的な存在として活用。

これにより最近はエネルギー切れの心配はありません。
これらをうまく活用できれば、練習効果もさらに上がることでしょう。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー