ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

フルマラソンからの発展

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

フルマラソンを終えて、改めてランとの付き合い方を考える。

今シーズンはどれくらいの人がフルマラソン完走したのでしょう。今年も私はいろいろなランナーの方にお会いしました。やはりフルマラソンにチャレンジするというランナーはとても多かったです。全国各地でのマラソン大会も増えていますし、ランナー、特にフルマラソンを走るランナーはまだまだ増加しているようです。自分のココロとカラダと相談しながら、どんな風に走っていくかを決めたいですね。
走り始めた頃の事を思い出すと、フルマラソンなんて走りきれるとは思わなかったのではないでしょうか。そう、日々のトレーニングは少しですが、それが積まれていくと確実に成長していく。走力の変化だけでなく、カラダ(体調やサイズ)の変化や精神面での変化も感じられると思います。レースを一つ走るたび、またシーズンを終えるたびに振り返ってみると、達成感とともに次なる目標へと気持ち良く走り出せそうですね。

今後のランとの付き合い方

さてさて、次はどんなランをしていきましょうか。同じレースにまた1年後にチャレンジして一年間の自分のランを振り返るのもいいと思いますし、パーソナルベスト更新やさらに上の目標タイムを設定してそれに向かって高めていくのもいいと思います。もしくは、しばらくレースとは離れてストレスフリーにのんびり走りたいというのもいいかと思います。距離やコースを変えたレースにチャレンジしてみるものいいかもしれません。
マラソンは42.195kmですが、5km、10km、10マイル(16km)、ハーフ、30kmなど、短めの距離でペースを上げて走ってみるのもまた違った楽しみ方が出来ますね。あるいは、十分に走力が備わっていることが大前提ではありますが、マラソン以上に長い距離を走るウルトラマラソンもあります。
複数人でのチームを組んで走るリレーランや駅伝なども一人で走るマラソンと違って楽しいですね。また、走るコースを舗装路から未舗装の山道や林道に移し、トレイルランニングやクロスカントリーと言われる自然を感じながらのレースもあります。
どれもこれもレースはイベントではなく競技なので、ルールがあり、それなりの危険も伴います。マラソンレース中の突然死、怪我などは少ない数とはいえません。それなりにきちんとトレーニングをし、自身の体力レベルと体調を考えながらエントリーすること。それが競技に向かうマナーですね。特に自然の中に入っていくトレイルランニングなどは、レースであるなしに関わらず、知識や装備、そして山中でのマナーも必要不可欠です。アスリートとして十分に準備をして臨む姿勢を身に付けたいですね。
プロの選手とは違い、年間スケジュールから、トレーニングメニュー、カラダのケア、食事などなど、全てを自分で行わなければならないのが皆さん一般ランナーです。もちろん私もそうです。一生懸命になりすぎて失敗しないよう、自分のランニングを客観的に見られる余裕を持ち合わせることがとっても大事ですね。欲張りすぎず、身の丈に合ったランニングで長くランニングを楽しみたいものです。
先日、あるランナーの方とお話をしていました。毎年一つだけレースに出られるそうです。その方は、日々ランニング(ジョギング)をしながら、その日の仕事のことや、煮詰まった案件について思考を巡らせながら走るそうです。するととてもいいアイディアが浮かび、気持ちもすっきり仕事にとりかかれる、と。走り始めて数年、ランニングに出会っていなかったらこんなポジティブにいられなかったなぁ、と仰っていました。レースは年に一度の自分なりの確認なのかもしれませんね。そんなランとの付き合い方もとても素敵です。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー