ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

レシピ 夏のお味噌汁

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

毎日食べるご飯にひと工夫。疲労回復の一杯を。

暑さも本番に入ってきました。暑さに負けずに過ごしていますか?元気に走るランナーの皆さんは夏バテ知らずだといいのですが。
昼間の勤務時間はエアコンの効いた冷えた室内と猛暑の屋外のギャップに体調を崩す人も多いのではないでしょうか。食欲不振、だるさなどは自律神経の不調からくるようです。また、夜間も気温が下がらず熱帯夜が続いて眠れないと、疲労を回復することができません。走って汗をしっかりかいて、食事や飲み物で足りないものを補給して、睡眠環境を整えてよく眠る、これはカラダにとっても大切なことなんですね。
夏を元気に過ごすためには食べるものもとても重要。鰻がいいとか、焼肉をモリモリ食べるといいとか、きっとそれぞれの夏バテ対策のために特別に食べるものってありますよね。でも、地味ですが毎日毎日のルーティンに大切なことは隠されています。毎日の食事や、毎日必ずやることに何かエッセンスを入れていくと、ちょっとのことでも日を重ねると確実に効果が見えてきます。
今回は、日本人なら日々飲んでいるお味噌汁。今回はこのお味噌汁に、味噌と一緒に酒粕を加えてみました。酒粕にはタンパク質や糖質、特に夏場の運動時には欠かせないビタミンB群などが豊富です。味噌とのコンビで夏の体にパワーを発揮してくれますよ。旬の夏野菜をたくさん使ってカリウムやビタミンを、生姜で胃腸の動きを助けます。また、毎日食べるお米にも、エッセンスをプラス。玄米にしてみたり雑穀や麦などを混ぜてよく噛んで食べると、ビタミン、ミネラルがとれますよね。今回は黒米を炊き込んで、ビタミンB群、鉄分などをプラス。また、ひじきを混ぜ込んだりしてもいいですね。意外と汗でロスしてしまう鉄分は特に夏場は注意してとりたいですね。ひじきはお惣菜を買ってきて混ぜ込んでも。無理なく毎日のルーティンにこんな工夫を入れてみてくださいね。チリも積もれば…ですよ。

夏のお味噌汁

【夏のお味噌汁】■材料(2人分)

【作り方】

  1. 下ごしらえ:だしを用意します。だしパック、だしの素でもOK。ゆっくり余裕のある時には煮干や昆布、カツオ節などでだしをとってみましょう。
    ナスは1.5cmのくし形切りにし、水にさらす。トマトは2cmの角切り。冬瓜は皮を向いて種とワタをとり、2cmの角切りにする。酒粕は板状ならば細かく刻んでおく。
  2. 鍋にだし汁と冬瓜を入れて火にかけ、冬瓜が透明になってくるまで10分ほど煮る。水を切ったナス、トマトを加えてさらに煮る。
  3. ナスに火が通ってきたら、一度火を止めて味噌を溶き入れる。ボールに酒粕を入れて、熱い味噌汁を少し取り分けて加え、酒粕を混ぜ溶かし、鍋に加える。沸騰直前に千切りにした生姜を加えて火を止める。

黒米ご飯

【作り方】

白米1合に対して黒米大さじ1の割合にする。合わせたら一緒によく研いで、通常のご飯と同じ水加減で、普通に炊く。

冷ましてから冷蔵庫に入れ、冷たくしても美味しいですよ。トマトと味噌が好相性。夏に元気な香菜(パクチー)を刻んで添えると、これもまた好相性です。試してみてくださいね。黒米ご飯は、もちもちとして香ばしいですよ

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー