ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

記録を取ろう

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

ランニングすることが増えてくると、今日はよく走れた、今日は辛かった、今日はカラダが軽く感じた、などいろいろ振り返ることがありますよね。その情報を記録として残しておくことが、次のランに繋がる財産になります。

記録から見えてくることはたくさん。日々のランニングは大切に管理。

さぁ、そろそろランニングが日常生活に少し組み込まれてきた頃でしょうか。初めて走った時と比べてどうでしょう。走れる距離、時間、ペース、頻度、苦しさ、楽しさ、モチベーション、体調・・・などなど。いろんな要素がありますが、どんな風に変化してきていますか。
自分と向き合い、今日はどれくらい走れたかを把握することはとても大事ですが、慣れてきたら“今日のラン”は“以前のラン”に比べてどうなっているのかを考えていきましょう。それがわかると、いい状態で日々走れているのかどうかが見えてきます。前回までのランがあっての“今日のラン”ですからね。

記録は「いつ」「どれくらい」

そこで、自分のランニングをよく知り効率よく走っていくために、ランニングの記録をとることをお勧めします。以前走ったことをいつまでも覚えておけませんしね。記録といっても難しいものではなく、その日のランニングがわかる項目を自分なりにメモしておけばいいだけです。
いつ(日付・時間帯・時刻など)、どれくらい(距離・時間など)がわかればまずは十分。手帳の隅にでもいいですし、専用のランニングノートを作ってもいいと思います。最近はGPSで走ったコースが記録できたり、ペースや消費エネルギーなども記録管理できるアプリやランニングウォッチなどもあるので、上手に利用してみてください。細かく書くのが得意な方は、可能な限りの情報を記録しておきましょう。日付、時間帯、距離、時間以外にも、ペース、コース(場所)、天候、気温、体調、体重などの情報もあるといいですね。また、その時の気分や体感、カラダのコンディション、ランニング以外のトレーニング、履いたシューズなども。逆に細かい記録が苦手な方は、頻度がわかるように走った日には手帳やカレンダーにマークをつけるだけでもしてみてくださいね。

走り慣れてきたら、毎月月初から走った距離を累計したものも一緒に記録してみましょう。そうすることで、一週間にどれくらい、一ヶ月にどれくらい走ったかを把握することができます。月々のトレーニング状況がよくわかりますし、目標も立てやすくなります。

記録は後から使える財産

このように、ランニングの記録はとても大切な情報です。始めた時よりもこんなに走れるようになったと感じることができたり、最近ランニングの時間を取れていないと気付くことができたり。
また、ひと月後、半年後、一年後にレベルアップした自分が見えてくると思いますよ。特にフルマラソンなどのレースに出るようになると、ランニングの記録はとても役に立つ情報になります。レース結果とトレーニングの関係をレース後に考察し、次のレースの目標とトレーニングの設定がしやすくなるのです。減量や健康維持を目的とされている方も、しっかり記録を取ることで、調整しやすくなりますね。

目に見える形で記録を残すことで、積み重ねていく楽しさとやる気が出てきます。もうちょっとがんばってみようかな、のプラスアルファのチカラにもなりますね!ランニングの記録はあとから使える財産。大事にしましょうね。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー