ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

では走ってみよう

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

「きつくなるちょっと前まで」が基本“体感”を指標に走ることが重要

まずは「気持ちよく」

さて、いよいよ走ります。昨晩は良く眠れましたか?外は気持ちよいお天気ですか?最初の一歩は気持ちよく始めたいですね!しっかり寝て体調を万全にしてから望むのがベストです。走り始めもそうですが、何か新しいことを始める時はコンディションの良い日がいいと思います。「気持ちよく走れた」「また走りたい」と思えることが次につなげるためのポイントです。
ウェアや細かなアイテムなどが揃ってなくても、ランニングシューズと軽く運動できるウェア、そして“走りたい気持ち”があればスタートできます。それと、飲み物を買うための小銭は持っていた方が良いですね。

まずは自由に思うままに走ってみましょう。ペースや距離や時間などの“数字”を気にせず走りたいだけ走ります。私も「今日は数字を気にせず走ったほうが気持ち良いだろうな」と思うときは、時々ランニングウォッチをつけずに走ることがあります。数字の情報がないことで、カラダとしっかり向き合うことができ、感じられることが多くなる気がするのです。
カラダがどのように反応しているか、どの部分をどのように使っているのかが良くわかるし、走る時の気持ち良さを純粋に体感できますね。普段はペースや距離などの数字をチェックしながら走りますが、もう一方では体感を大事に走る自分もしっかり持って、モードを切り替えながら使えると、うまく余裕を持つことが出来るかと思います。

距離、ペース、時間のどれかひとつを

「毎日どのくらい走れば良いですか?」初心者の方から良く受ける質問です。「苦しい手前のペースで、苦しい手前の時間、苦しい手前の距離だけ走る」。これを基本にして定期的に継続すること、です。「そんなにゆるくて良いの?」と思う人も多いかと思いますが、大丈夫です。苦しいかどうかというのは“数字”ではなく“体感”です。その“体感”を指標に進めてもらいたいのです。
苦しくなると続かなくなってしまいますから、“苦しい手前”をボーダーラインにしましょう。苦しいところまで頑張らなくても続けられれば、実はトレーニング効果はきちんとあります。カラダは少しずつでも負荷をかけトレーニングを積んでいくと、それにあわせて能力があがるようになっていますから。
最初は歩いてみましょう。歩いてみて、走りたくなったら走ってみましょう。走ってみて、飽きるのが先か、膝が痛くなるのが先か、苦しいのが先になるか判りませんが、自分の苦しくなる手前を感じてみてください。やりすぎて、走るのが嫌になってしまっては勿体ないので、“苦しい”の手前で辞めて構いません。その時の体感を覚えておくことが重要です。
そして楽になったと感じたら、もとの“苦しい手前”になるくらいまで、距離、ペース、時間のどれかひとつをアップさせていく。「どれかひとつ」がうまくいくコツですよ。これを続けていくと、同じ苦しさ具合なのに、格段に走れるようになってくるはずです。

ランニングを継続することで得られるものは人それぞれ。ボディラインが整ったり、血液検査の数値が改善されたり。自分のカラダと向き合うようになるので、食べるものもしっかり選ぶようになったりもするでしょう。また、走る時間を作り出すためタイムマネジメントをするので、生活もすっきり整ってくるのではないでしょうか。自分にはどんなことが起こるのか・・・。楽しみですね。
まずは、“苦しい手前”。苦しい練習は走れるようになったらできるようになりますから。楽しい、気持ちいいと感じるくらいのゆるい気持ちで、“感じるランニング”を始めましょう。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー