ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

夏のランニングレシピ

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

しっかり走った後こそしっかり食べる。簡単な夏メニューに挑戦。

湿度も温度も上がってきました!ランニングをすると汗をたくさんかく季節になりましたね。夜ラン派のランナーはそのあとのビールが美味しい季節なのではないでしょうか!でも、たくさんビールを飲んで食事をせずに終わってしまったり、適当なおつまみで済ませてしまうのは残念。しっかり走って、エネルギーを使い、汗をかいたあとは、栄養補給が重要度を増しますよ。

食べるものも、飲むものも。それがカラダを作り、動かし、調整し、強い走りのカギになってきます。どんなにがんばっていいトレーニングができても、食事がおろそかで効果が半減してはもったいない。栄養素が足りなくてパフォーマンスが落ちるのも、偏りやエネルギー過多で体重が増えていくのも、口から入れるもの次第なのです。ランニングはシンプルなだけに、食べるものや飲むものの影響がとてもわかりやすいものです。
毎日の厳密な食事管理は大変ですし続かないのでおすすめしませんが、せめてたくさん走った日や疲れを感じている時には、食べるものを意識してみるといいかもしれませんね。日々の食事が長い目で見て大きな成果を生みますから。
また、栄養素だけ帳尻を合わせてもダメなのが食事。頭でっかちではカラダは変えらません。美味しく食べることと自分なりの食べ方をつかむこと。ランニング以上に好みや個人差が大きいもの。自分のカラダの声を聞き、反応を見て特徴を知った上で、量や食べるものを選んでいく。そして毎日の食事を楽しんでいきましょう。
今回は、外食をしがちで自分で料理をしないという男性にも、たまには自分で食べるものを作ってみていただきたいと思い、とても簡単なレシピを紹介します。
メインは夏に元気なゴーヤ。旬の食材は栄養が豊富です。ゴーヤはビタミンCが多く、しかも壊れにくいのが特徴です。汗で出てしまうカリウムもとれる野菜です。そして、卵、豚肉と豆腐でしっかりタンパク質を。ラントレーニング後の筋肉の補修に役立ちます。また豚肉のビタミンB1は糖質の代謝を助け、疲労回復に重要。夏場はとくに摂りたいビタミンです。にんにくがナイスフォローで効果をアップします。
ビールにもご飯にも合う炒め物です。下準備をちゃんとすれば簡単。走れて、料理ができる素敵ランナー男子(もちろん女子も!)を目指してLET’S COOKING!

ゴーヤの味噌ちゃんぷる

【ゴーヤの味噌ちゃんぷる】■材料(2~3人分)

【作り方】

  1. 下ごしらえ:ゴーヤは半分に割り、種と白いわたをこそげ取る。5~6mm幅に切る。塩を少々まぶしてしばらく置き、さっと水洗いする。豆腐はキッチンペーパーに包んでしばらく置き水を切る。2~3cm角に切っておく。肉は一口大に切り、Aをまぶして揉んでおく。玉ねぎは繊維に沿って細切りにする。卵は割りほぐす。にんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、熱くなったら卵を流し入れ、ふわっとしたらひと混ぜして半生状態で取り出しておく。
  3. 改めてごま油を熱し、にんにくを炒める。香りがたったら、豚肉を炒める。色が変わってきたら、玉ねぎ、ゴーヤを入れて炒める。
  4. 火が通ってきたら、豆腐、よく混ぜ合わせたBの調味料を加えてよく炒め、2の卵を戻してざっと混ぜ合わせたらお皿に盛る。

※辛いのが好きな方は、豆板醤を加えてピリッと。苦味が大丈夫であれば、ゴーヤは塩もみして水にさらさず、切ってそのまま炒めるとよりカリウムが摂れます。味噌の代わりに甜麺醤を使っても美味しくできます。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー