ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

トレーニング⑦ ツイストクランチ

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

お腹のトレーニング。
力強い足運びを支える筋肉。

今回は腹筋でも、わき腹を強くするエクササイズです。走る動作は、上半身と下半身が捻られる形になっています。その動きの連結部分である「わき腹」は強くしておきたいところ。わき腹の筋肉(内、外腹斜筋)をしっかり使えると、ペースアップした時など、スムーズに脚を前に運びやすくなります。エクササイズでちょっと刺激を入れてみましょう。同時に、下腹部やお腹の前面も使っていきます。
日々の補強エクササイズに取り入れてみてくださいね。

ツイストクランチ。お腹の脇の筋肉を鍛えます。

〈スタート〉仰向けになり、頭の後ろに手を持っていきます。脚は伸ばして地面から少し浮かせます。あごを引いて首を起こし、つま先を見るようにします。

〈フィニッシュ〉右足の膝を曲げて胸の方へ引きつけると同時に、左肘を引きつけ、右膝と左肘をタッチさせます。その時、左足は伸ばしたままにしておきましょう。
タッチしたら、次は左膝と右肘をつけるようにチェンジします。その際、右足は伸ばしておきます。

動作は、速くなりすぎないように。反対の脚をしっかり伸ばすのも意識しましょう。
肘と膝が届かない場合は、できるだけ寄せるように頑張ってみます。
左右で一回のカウント。15回×2~3セット
頑張りすぎると呼吸を止めてしまうので止めないよう注意です。肘と膝をタッチするタイミングで強めに息を吐き出すとやりやすいかもしれません。
使える腹筋、作りましょう!

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー