ランニングアドバイザーMIDORIのレースレポート・ランニングレッスン!さあ走ってみよう

まずは歩いてみよう

PREV

NEXT

MIDORIさん

ランニングアドバイザーMIDORIさん

  • ランニングアドバイザーとして多くのランナーをナビゲート
  • ラン歴21年
  • 管理栄養士の資格も

“何事も基礎が大切”とはよく言いますが、ランニングもまたそうです。ランニングの基礎となるのが、前回のウォーキングのフォーム、そしてウォーキングそのものです。走り慣れた人にとっても、ウォーキングは重要になることがあるのだとか。ではなぜ“歩く”ことがそれほどまでに重要なのでしょう?

ウォーキングはランニングの基礎
フォームを確認する時の原点

骨盤の動き、足の運びを確認

初心者にとって外に出てカラダを動かすことが、まず最初のステップです。セカンドステップとしては、【フォームの基本①】でお伝えした、基本的動作を意識しながらの“ウォーキング”です。ただ“歩く”のではなく、“ウォーキング”をしながらフォームの基本をカラダに覚えさせます。
前回もお伝えしましたがウォーキングのフォームの基本は、走る時の基本フォームにもつながっています。走るときには、片足が着地しているか、両足が地面から離れているかのどちらか。
一方、歩くときは両足が地面に着いた状態と片足立ちの状態を交互に繰り返しています。なので、しっかり歩こうとすると、歩幅が広くなり脚の付け根ではなく、骨盤から大きく動かすことができます。歩くことが骨盤の動きのトレーニングや足の運びのトレーニングにもなりますね。現在既に走れるランナーにとっても、フォームの確認という意味では、“ウォーキング”をして、見直すことは意外に有効なのです。

体力、筋力も培う

また、ウォーキングはペースを上げようとすると、歩幅を広くしたり、足を一生懸命動かしたりしなくてはならないので、意外にも運動量は多く、消費エネルギーも多くなります。しかし、ランニングのように、“飛んで→着地→飛んで→着地”の繰り返しではないので、足首や膝への負担は少なくてすみます。
初心者でも膝を傷めることなく、フォームの基本をカラダに覚えさせることが出来ますので、ウォーキングをしながら少しずつ、ランニングをする為のフォームや体力、筋力を培うのも良いと思います。

基本を意識して歩く

まずは、最低ラインとして15分~20分間ほど歩いてみましょう。時間は短めに設定して構いません。普段歩いているとは言っても、ヒールや革靴を履いて鞄や荷物を持っている状態と、ランニングシューズで何も持たない状態とでは全く違います。何も持たないことでカラダがフリーになり左右対称になるので、まずは歩いてその感覚を体感、確認してみてください。走りはじめると、始めのうちは余裕がなくてフォームを確認しながら走ることはなかなか難しいと思います。ウォーキングで身につけましょう。
“丹田に力を入れる”、“肩の力を抜く”“背中を意識して腕を振る”など、フォームの基本を意識して歩くことは、日常生活では、まず無いかと思いますので、これらを意識して“ウォーキング”すること。それが今回の最重要ポイントです。

ウォーキングをする場所ですが、出来れば途中で止まらない方が良いので、人ごみの少ない広い場所に行くことをお勧めします。徐々に歩幅が大きくなると思うので、障害物(もの、人)のない場所が理想的です。
また、荷物は持たないのが基本ですが、もしドリンクなどが必要な場合はバックパックを利用するなど、左右対象になるといいですね。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー