『スポーツと疲労回復』のTOPへ戻る

スポーツと疲労回復
自転車

近年、自転車は年齢、性別を問わず多くの方が楽しめるスポーツとして定着してきました。自転車をこぐことで、太ももやふくらはぎの筋肉だけでなく、腹筋や背筋などの体幹も自然に鍛えられるほか、心肺機能の強化も図れます。自転車でロードを走る爽快感やスピード感はストレス発散にも最適ですが、消費するエネルギー量はジョギング並みとも言われます。しっかりと身体を準備してから走るよう心がけましょう。

自転車は有酸素運動! 運動前~中には忘れずに水分・エネルギー補給を

 普段、何気なく乗っている自転車ですが、たとえ競技用のロードバイクでなくとも一定の運動強度で走れば立派な有酸素運動になります。サドルに座るため膝への負担が少なく、ジョギングやランニングより長い時間続けられるというメリットもあります。

 自転車をこぐ動きは筋肉の伸縮運動となり、エネルギーと酸素が消費されます。この運動により下半身の筋肉が鍛えられる上に心肺機能の向上も期待できますが、消費される水分やエネルギーの量は相当なものです。そのため、運動を始める前の水分補給とエネルギー補給が欠かせません。

 夏場の舗装道路の温度は60℃を超えるため、その上を走る自転車は輻射熱の影響をもろに受けています。熱中症によるめまいや脱力は転倒事故などにつながるため、こまめな水分の補給は不可欠です。電解質と必須アミノ酸BCAAを一緒に摂れる飲料を補給すれば、熱中症と持久力対策の両方が可能です。BCAAは筋肉のエネルギー源として働き、パフォーマンスを維持するだけでなく、翌日のダメージも軽減してくれる成分。長距離を走る際は忘れずに携帯するとこをお勧めします。

長時間走りがちな自転車では、疲れが残らない工夫も

 乗り続けやすい自転車は、いつの間にか20km、30kmと長距離を走っていることもあるでしょう。膝への負担は少ないとしても、太ももやふくらはぎ、体幹などには疲れがたまるはず。身体への負担を考えると、走り始めは無理をせず、慣れてきたら徐々にスピードを上げること。そして、走り終える前にはゆっくりとペダルをこいでクールダウンした後に、全身をしっかりとストレッチしましょう。スポーツタイプの自転車は前傾姿勢で乗り続けるため、腰への負担が大きいともいわれています。自身の身長にあったサドルの高さにしっかり調整した上で、正しい姿勢を保ちましょう。

 自転車は免許もいらず、だれもが手軽に楽しめるものですが、一方で交通事故の危険もあります。街中では特にスピードをコントロールし交通規則を守って安全運転を心掛けてください。

もっと動ける体を目指すあなたに役立つコンテンツ

  • アミノバリュー製品情報(footer)

    アミノバリュー製品情報

    製品ラインナップ、摂取のポイント、開発秘話、開発者インタビューなどアミノバリューに関する様々な情報をご紹介します。

    アミノバリュー製品情報

  • 必須アミノ酸BCAA基礎知識(footer)

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

    走るカラダに大切な必須アミノ酸BCAAについて分かりやすく解説します。

    必須アミノ酸BCAA基礎知識

  • ランニング講座(footer)

    ランニング講座

    トレーニング方法、食事を含めたコンディショニング、指導者からのアドバイスなど、ランナーのための様々な情報をご紹介します。

    ランニング講座

Amino-Value アミノバリュー