第2話

熱血先生

川津部長が本気を出した。勉強だけじゃなく、生活指導にも力を入れ出したのだ。
金髪はもちろん、茶髪も認めない。なんなら黒髪も白髪も、いや、毛そのものも認めない!両生類の彼には、毛の必要性を感じないのだ。
ガムをかむ生徒も我慢できない。スルメでも駄目だ。いや、野菜も肉も、ご飯も駄目だ。
ハエとか蛾とか、そういうのでいいじゃないか!エスカレートする部長は自分でも、何が正しいのか分からなくなっていく…。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
5.5ゼミナールトップページへ