「運動と栄養」を中心とした研究開発

大塚製薬は、1984年に日本初の民間の臨床運動栄養研究所として佐賀栄養製品研究所を設立し、「運動と栄養」を中心としたテーマのもと、水分摂取、栄養摂取状況などに関する研究開発を実施。自社の研究成果や、公開されているデータをもとに、科学的根拠のある製品開発を行うとともに、パフォーマンスの向上やコンディショニングをサポートする水分・電解質・栄養補給に関する研究を続けています。

佐賀栄養製品研究所の様子