カラダへの吸収方法

食物はそのままでは栄養源にならず、一度小さなブロックに分解されなければ細胞や血液中に吸収されません。消化管の中で「消化(分解)」されて小さくなり、腸管内で吸収され、血液中に入って各臓器に届けられ、細胞に取り込まれます。消化吸収は口からはじまり、噛んで飲み込み、胃でじゅうぶんに細かくされます。