がん

大塚製薬のがん領域への取り組み

がんは、あらゆる疾患のなかでも特に死亡率が高く、日本では死因第1位を占めています。そのため、世界中で新たな薬剤の誕生が待ち望まれています。大塚製薬は、世界中のがん患者さんに貢献したいとの思いから、1983年に藤井記念研究所(当時琵琶湖研究所)を設立。抗がん剤研究に取り組んできました。現在では、特に血液がんを中心に新たな治療選択肢を提供しています。

大塚製薬は、2008年に米国FDAから唯一承認されている造血幹細胞移植前治療薬の全事業を獲得し世界で事業を開始。本剤はあらゆる種類の血液がんに行われる造血幹細胞移植の前治療として、放射線治療と並び必須の薬剤として患者さんに貢献しています。2010年からは日・米・欧においてブリストル・マイヤーズ スクイブ社の創製した慢性骨髄性白血病(CML)治療薬の共同販促など共同事業を開始しました。

大塚製薬は、2013年にがん領域の研究開発をより強化するため、独自の分子設計創薬技術をもつ米国のバイオベンチャー企業アステックス社を子会社としてパートナーに迎え、新たなアプローチによる革新的な新薬創製を共に行っています。また、既存の薬物治療に抵抗を示すCML患者さんの治療薬について、米国アリアド社と日本やアジア10カ国・地域で共同開発・商業化の契約を締結し、2016年から日本で販売を開始しています。

大塚製薬は、また、治療薬に留まらず診断用医薬品を通じ、がん領域への貢献も目指しています。急性骨髄性白血病(AML)や骨髄異形成症候群(MDS)のモニタリングに使用する製品、そして慢性骨髄性白血病(CML)の診断補助および治療効果のモニタリングに使用できる国際標準の体外診断用医薬品を販売しています。

血液がんについて

血液がんは、血液細胞ががん化して増殖する病気で白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫に大別されます。 白血病は4つに大別されますが、急性骨髄性白血病(AML)が最も多く、それ以外に慢性骨髄性白血病(CML)、急性リンパ性白血病(ALL)、慢性リンパ性白血病(CLL)があります。CMLについては近年開発された分子標的薬により、著しく治療が改善しています。