これまでの歩み

1974 〜 1983

コーポレート

医薬関連事業

ニュートラシューティカルズ
関連事業

1974

1980

1974

大塚製薬東京本社ビル落成

神田司町本社ビル落成に際し、当時社長であった大塚正士は、「大塚グループが永遠に繁栄し、会社員とその家族はもちろんより多くの社会大衆にしあわせを与えつづける事が使命。新築本社ビルは神田司町に建っているのではない。より多くの人々の心の上に建っている。これを忘れてはいけない。」という言葉を残している

1976

・大塚明彦 代表取締役社長に就任

1977

・大塚グループ大阪本社ビル落成

1982

二大事業体制を宣言
「病人の健康人への回復」
「健康人の健康の維持・増進」

当時社長であった大塚明彦は二大事業体制を宣言。病気の治療を図る医薬品事業と健康の維持増進を図る栄養製品事業。後者は後日のニュートラシューティカルズ(Nutraceuticals:nutrition+pharmaceuticals)関連事業に相当

1974

・大塚インドネシア 設立

・台湾大塚製薬 設立

・欧州に駐在員事務所 開設

1976

・大塚アッセイ研究所 設立

1977

エジプトにアラブ大塚製薬 設立

後年エジプト大塚に発展的解消

・日本抗体研究所(現JIMRO)
に資本参加

1979

「ハイネックス」発売

バランス栄養食の原点。濃厚流動食

1980

「ミケラン」、「メプチン」発売

βブロッカー「ミケラン」、気管支拡張剤「メプチン」

1981

・ミケラン、メプチン海外で展開開始

中国大塚製薬 設立

中国の改革解放後、初の参入

1982

・韓国に第一大塚製薬
(現 韓国大塚製薬)設立

ドイツにフランクフルト臨床研究所
設立

欧州における研究開発の拠点としてスタート

1983

・琵琶湖研究所(現藤井記念研究所)
設立

ハイゼットタワー完成

医薬品研究開発部門を拡充

1980

・「ポカリスエット」発売

1982

・ポカリスエット香港・台湾で発売

1983

・「カロリーメイト」発売