ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2008年
  5. 大塚製薬WEBサイト 結核の情報提供...

大塚製薬株式会社

2008年9月24日

企業

大塚製薬WEBサイト
結核の情報提供サイト「結核 ー古くて新しい病気ー」
9月24日開設

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)は、大塚製薬のWEBサイトの「気になる病気」に、新たに結核の情報提供サイト「結核 ー古くて新しい病気ー」を立ち上げ、結核予防週間(9月24日~9月30日)の始まる9月24日に開設します。

結核は、結核菌が人から人へ感染する慢性感染症です。結核は「昔の病気」と考えられがちですが、日本においても依然として高い割合で患者が存在しています。さらに全世界で年間915万人が結核を新たに発症し、年間死亡者数は165万人(2006年WHO推定)にのぼると推定されています。

「結核 ー古くて新しい病気ー」は、今なお我々の周りに存在する結核について正しい知識を取得し、役立てていただくことを目的とした情報提供サイトです。本サイトでは、基本的な用語集とともに、結核の病態・診断・治療、日本をはじめとする世界の結核の現状などについて理解を深められるように、基本から分かりやすく解説されています。本サイトの作成にあたっては、財団法人 結核予防会 結核研究所 名誉所長 森(もり) 亨(とおる)先生にご指導いただきました。
大塚製薬は、今後もWEBサイトなどを通じて結核に関する情報提供活動に取り組んでまいります。

本サイトの開設にあたり、森 亨先生は「現在、日本において結核は過去の病気と考えられがちですが、日本は先進国の中で例外的に結核がまん延している国であり、私たちにとって今なお注意を要する病気です。とくに最近、発見の遅れによる集団感染の増加、重症発病者の増加、高齢者や社会的弱者の患者発生の集中、今ある治療薬が効かない『多剤耐性結核』の増加の兆しなど、新たな問題が浮上してきています。全世界的にはもちろん、日本にとってもなお重要な健康問題である結核について正しい知識を身につけ、結核の対策・予防に役立てていただきたいと思います。」と述べられています。

大塚製薬は‘Otsuka - people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

「結核 -古くて新しい病気-」に関するWEB
( http://www.otsuka.co.jp/disease/kekkaku )

コンテンツ紹介

  • なぜ今「結核」なの?
  • どのように感染するの?
  • 結核に感染するとどうなるの?
  • どうすれば結核とわかるの?
  • 結核はどのように治療するの?
  • 結核はすぐに治るの?
  • 結核は世界の問題
  • 結核の予防
  • 用語集

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。