ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2010年
  5. 大塚製薬、米国ABILIFY特許侵害訴...

大塚製薬株式会社
大塚ホールディングス株式会社

2010年11月16日

企業

大塚製薬、米国ABILIFY特許侵害訴訟の勝訴について

大塚ホールディングス株式会社(代表取締役社長兼CEO:樋口達夫) の完全子会社である大塚製薬株式会社(代表取締役社長:岩本太郎)が、ABILIFY®の後発医薬品の販売許可をFDAに申請している数社を提訴していた特許侵害訴訟において、米国ニュージャージー州連邦地方裁判所は11月15日(米国 東部時間)、大塚側勝訴の判決を下しました。

同地裁は、ABILIFY®の薬効成分であるアリピプラゾールを保護する米国特許5006528号は有効かつ権利行使可能であり、少なくとも2015年4月20日までは米国においてABILIFY®に対する特許権・法的保護が継続されるという判断を下しました。
また問題となった後発医薬品がこれらの特許権を侵害しているとして、少なくとも2015年4月20日まで米国内において、これらの医薬品のFDA承認からの除外と、販売の禁止を命じました。

大塚製薬は‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

会社概要

大塚製薬株式会社 (Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.)

大塚ホールディングス株式会社 (Otsuka Holdings Co., Ltd.)

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。