ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. 社員が語る
  4. グローバルプロジェクト担当

社員が語るOtsuka People Talk

2013年3月

グローバルプロジェクト担当

女性にも男性にも頑張った人にはチャンスを与えるというのが、今の大塚製薬のスタンスだと思います。

日本の大学を卒業後、百貨店勤務。その後、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の映画学部を卒業し、大塚製薬で医薬情報担当者(MR)を4年間担当。その後マーケティングの部署を経て、現在は欧米のグローバルプロジェクトを担当する若手社員が語る。

  • 取材協力:NHKエンタープライズ

出身はアメリカの映画学部

私の経歴は少し変わっていまして、まず日本の大学を出た後に、百貨店で美術品を売る仕事をしていました。その後に子供の頃からの夢であったアメリカの大学への入学を決意しまして、映画学部に入りまして卒業させていただいて。その後にご縁がありまして、大塚製薬に入社をしました。

正直、映画の仕事も考えたんですが、全然違う仕事に新しくチャレンジしたいなと思い、全く違う業種という事で就職活動をしました。アメリカで年に1回、日本の大企業がボストンという所に集まり、学生と面接をする機会があるんですが、私も大塚製薬のブースで面接させていただきました。映画学部の人が一般企業を受けるのはすごく珍しい事なのかな、とは思ったんですが。他社はやはり、映画学部っていうだけで「ウチは映画学部の方は...」と門前払いされる事が多かったんです。履歴書を持って行った時に、「映画学部なのに、何故ウチなの?」とは当然聞かれたんですが、大塚製薬ではそこが全然バリアになっていないと感じました。性別とか経験とか、自分のタイトルに関係なくチャンスを与えてくれる、と思ったのです。

入社後の担当は、国内のMR

そもそも私は、MRというよりグローバルビジネスをさせてもらえると思っていたのです。でも「あなたは国内の薬剤の営業をしてもらいます。」と言われて。薬の事も分からないし、病気の事も分からない。一緒に入った人達は、薬学部や理系の方が多かったんですが、私だけが映画学部っていうよく判らない学部で、皆に教えてもらいながらも苦労しました。

  • 医薬情報担当者

毎日、試験を受けるんです。一日が終わったら、復習をして次のテストを受ける。これが半年位続いて。このMR研修の後、正式にMRになるには認定試験に合格しなければなりません。なので、MRの試験が受かった時には本当に嬉しかったのを覚えてます。

念願のグローバルビジネスを担当

MRを4年間やりました。入社した時からずっと「グローバルの仕事がしたい」と言っていたのですが、営業の時の上司から「そこの営業で実績を残さないと、次のステップに行っても絶対に壁にぶち当たる。とにかくやれる仕事を頑張れ」と言われました。現場や製品を知らないと何も出来ないという事で、営業で仕事を始めたんです。そこで頑張って、ある程度実績も出て、上司の推薦もあり本社に来る事になりました。胸を張って堂々と次のステップに来ました。国内のマーケティングの部署ですが、私が配属になった薬剤は各国で発売されている薬だったので、英語が喋れて国内の意見も分かっている人ということで、海外の仕事に配属されたのです。

私はこの1年で半分くらい、アメリカに出張しています。アメリカのビジネスに責任を持たされまして、アメリカの人たちと一緒にやりなさい、と。

社長からの叱咤激励、アメリカチームの業績を回復

アメリカの売り上げ実績が、伸び悩んでいたんです。そこに関して私は何も関与せず「悪いです」という報告だけを日本の本社に出していまして、「お前は変える気がないのか」と社長から怒られました。「アメリカに何をしに行ってるんだ。」と。「もっと真剣にアメリカの事をどうするか、自分の事としてビジネスをどうやって立ち上げて行くのか考えろ」と、言われましたね。普通の会社だったら、私レベルで社長に怒られることは無いと思うんですよ。「私はまだペーペーなのに、なんでここまで怒られる、なんで此処まで責任を持たされなきゃならないんだ」と、最初は思ったんですけど、逆に考えるとありがたい事なのかなって思って。

業績を回復させるという目標と、なるべくひとりでも多くの患者さんに薬を使ってもらいたいという、アメリカのチームと同じ目標に向かっていって、実際に業績が回復して来まして。大きな変革をアメリカチームに与えて回復したことで、やりがいもありましたし、皆喜んでいる事です。今では、アメリカチームの一員として受け入れられるんですよ。「よく来たな。」と。彼らが困っている事なんかも「これどう思う?」とか相談を受けたリしています。

世界の同じゴールをもった仲間と共に働く喜び

大塚に入ってよかったのは、本当に世界の人達と一緒に働く事が出来たというところです。私はアメリカのチームで皆と働いてるのですが、今は、ヨーロッパとも、アジアとも。世界中の人達と、同じ製品について語り合って、仕事できて、「どうやっていこう?」って話し合える仲間ができたっていうのは、すごく嬉しいです。

大塚製薬の多様性

実は、グローバルの製品担当者は、全員女性なんです。大塚製薬は女性と男性ってところで色眼鏡で見ていない会社だなって思います。だから、男性だからこうとか女性だからこうじゃなくて、女性にも男性にも頑張った人にはチャンスを与えるというのが、今の大塚製薬のスタンスだと思います。もし薬を売るだけだったら、全員薬剤師さんや理系の人とかをとると思うんですけど、いろんなバックグランドの人を採用しているところが、面白いと思います。

チャンスを与える会社

大塚製薬は本当に、すごく自由な会社だと思ってます。ちゃんと真剣に考えてる人には、「じゃあ、やってみなさい」と、言ってくれる会社。本当に頑張ればチャンスは平等に与えてくれる会社だと思いますし、やればやっただけちゃんと見ていてくれます。だからもし、海外で仕事したいって思ったら例えばTOEICなどを頑張って証明してください。

自分も責任を持ってしっかりやらなきゃなって、そのプレッシャーはあるんですけれども、凄くこうやってチャンスを与えてくれるってのが、ありがたいなって思ってます。やる気があれば、与えてくれるっていうのはあると思います。

世界中の患者さんを助けるために、薬を育てる

今、1つの製品を私は扱っているんですけども、その製品が世界中の困っている患者さんの生活を変えたりですとか、本当に患者さんの希望になる薬として育てあげたいな、と思っています。それがチームとして、勿論、個人的にも、薬を育てるって意味で本当に貢献して行きたいな、と思ってます。

その他のインタビュー

ストーリーを検索できます。あなたの知りたい大塚製薬が見つかるかもしれません。

分野
性別
日本 / 海外
テーマ