生産活動

創造性豊かなイノベーションが、革新的な製品を創り出す。

大塚製薬は、世界の人々の健康に貢献する企業として、医薬関連事業製品やニュートラシューティカルズ関連事業製品を安定供給するために、品質の向上、製造現場の安全、適正な製造コストと環境問題への取り組みを重要視し、これらを同時に満足できるような製造技術を確立することが生産における創造性だと考えています。

良き企業市民として自然環境や地域社会と共存し、その責務を果たすことにも最優先で取り組んでおり、国内すべての工場で環境マネジメントの国際規格「ISO14001」を取得しています。また、「医薬関連事業製品の生産及び安定供給」に関し、事業継続マネジメントシステムの国際規格である ISO22301の認証を日本の製薬企業で初めて取得しました。

ここでは、世界に通じる最高品質製品の安全かつ効率的な生産に日々取り組んでいる各工場の活動内容や特色をご紹介いたします。

工場を所有する主な関係会社の所在地

大塚製薬関係会社生産拠点

工場数
115
国・地域数
16
会社数
40


(2016年12月末現在)

日本における大塚製薬生産拠点

徳島
徳島工場
徳島第二工場
徳島ワジキ工場
徳島板野工場
群馬
高崎工場
静岡
袋井工場
佐賀
佐賀工場