ニュースリリース

大塚製薬株式会社

2016年6月7日

医薬関連事業

タケキャブ錠を含むヘリコバクター・ピロリ除菌用パック製剤
「ボノサップ®パック400」「ボノサップ®パック800」および「ボノピオン®パック」の
日本における発売について

  • 武田薬品が同社創製のカリウムイオン競合型アシッドブロッカーである「タケキャブ®錠」を含むヘリコバクター・ピロリ一次除菌用パック製剤である「ボノサップ®パック400」「ボノサップ®パック800」および同ヘリコバクター・ピロリ二次除菌用パック製剤である「ボノピオン®パック」の販売を開始
  • 2014年3月末に締結した武田薬品と大塚製薬の酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠」の国内共同プロモーション契約に基づき、両社が医療関係者に「ボノサップ®パック400」「ボノサップ®パック800」および「ボノピオン®パック」の情報活動を実施し、酸関連疾患治療における医療ニーズへの貢献を目指す

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品」)と大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:樋口達夫、以下「大塚製薬」)は、本日ヘリコバクター・ピロリ除菌用パック製剤「ボノサップ®パック400、ボノサップ®パック800」(以下「ボノサップ」)および「ボノピオン®パック」(以下「ボノピオン」)について、日本で発売しましたのでお知らせします。ボノサップは、武田薬品が創製したカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker : P-CAB)とも呼ばれる作用機序の酸分泌抑制薬である「タケキャブ®錠」(一般名:ボノプラザンフマル酸塩、以下「タケキャブ」)と、「アモリン®カプセル」(一般名:アモキシシリン水和物、以下「アモリン」)、および「クラリス®錠」(一般名:クラリスロマイシン)の3剤を組み合わせて1つのパッケージとした一次除菌用パック製剤であり、ボノピオンは、タケキャブとアモリン、および「フラジール®内服錠」(一般名:メトロニダゾール)の3剤を組み合わせた二次除菌用パック製剤です。

武田薬品の取締役 ジャパンファーマビジネスユニット プレジデントの岩﨑真人は、「患者さんの服薬アドヒアランス向上への貢献を目指し、当社は2002年より、ヘリコバクター・ピロリ除菌の際に用いる2剤の抗菌薬と酸分泌抑制薬「タケプロン」のパック製剤を販売してきました。このたび、強力かつ持続的な酸分泌抑制作用を示すタケキャブを含む本パック製剤を、ベストパートナーである大塚製薬との共同プロモーションを通じて患者さんにお届けすることで、日本のヘリコバクター・ピロリ除菌療法により一層貢献していきたいと考えています」と述べています。

大塚製薬の取締役副社長 玉井 進は、「当社は、ヘリコバクター・ピロリ感染診断システムを構築し、診断から治療まで広く貢献してまいりました。このたび、タケキャブを含むヘリコバクター・ピロリ除菌用パック製剤を武田薬品と共同でプロモーションすることで、より多くの患者さんに新しい除菌治療をお届けできることを嬉しく思います」と述べています。

[※]ヘリコバクター・ピロリとは、ヒトの胃内に存在する細菌のひとつであり、主に消化性潰瘍の発症に深く関与していることが明らかになっています。ヘリコバクター・ピロリの除菌療法は、主に消化性潰瘍の再発予防に有効であり、除菌後には再発率が著明に低下することから、患者さんにとって大きなメリットとなることが分かっています。

<ボノサップの概要>

<ボノピオンの概要>

<共同プロモーション契約の概要>

本共同プロモーション契約の概要は以下の通りとなります。その他の内容については開示しておりません。
・契約一時金200億円・承認時マイルストン:武田薬品は大塚製薬から受け取る
・対価:大塚製薬は武田薬品から売上に応じた一定の対価を受け取る
・対象品目:タケキャブ、ならびにタケキャブを含むヘリコバクター・ピロリ除菌用パック製剤
・契約テリトリー:日本


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。