ページ内を移動するためのリンクです。

バーチャル工場見学

メニュー

大塚製薬

徳島工場エリア

大塚製薬の徳島工場エリアは徳島市の北側、今切工業団地内に位置し、近くには今切川と吉野川が流れています。
大塚製薬の最初の工場ができたところで、今は工場の他、生産本部や研究所が集まって活動しています。
敷地内では多品目の医薬品、ニュートラシューティカルズ製品を製造しています。

所在地
徳島県徳島市川内町加賀須野463-10
竣工
1970年4月
敷地面積
469,543m2 (大塚製薬・大塚化学・大塚食品・大鵬薬品工業 合計面積)

徳島工場

徳島工場は、1970年に医薬品、1980年に「ポカリスエット」の製造を開始した歴史ある工場です。
医薬品関連では国内外に向けた数多くの製剤を製造しており、気管支拡張剤「メプチンエアー」は特定フロンガスから代替フロンガスへ切替、更にフロンガスを使用しないドライパウダー吸入式製剤「メプチンスイングヘラー」を2014年に発売するなど、地球環境への配慮とご使用いただく皆さまの安全を第一に考えています。

徳島第二工場

徳島第二工場は自社開発医薬品の原末合成工場として設立され、その後、栄養製品と医薬品製剤の製造を開始しました。
医薬品においては、原末の技術研究部門から合成工場、製剤ラインまでを有しており、原末から製剤までを一貫して製造できるのが特徴です。また、栄養製品も医薬品と同様の思想で生産しており、医薬品原末、製剤そして栄養製品の3種の製品を製造する大塚製薬唯一の工場となっています。

徳島工場エリアのシンボルマスコット ゴリラくん

1988年に建てられた徳島第二工場の壁面に同年に発売された“飲む繊維”「ファイブミニ」をイメージしたマスコットが作られました。ゴリラがレタスをつぶしてファイブミニの中に絞り込んでいる様子です。ファイブミニ1本にレタス2個分の食物センイを含んでいることを表現しています。

能力開発研究所

能力開発研究所は、社員のための教育施設として1988年に設立されました。社会の多様な変化に対応できる人材の教育を目指しています。
大塚の企業理念「creating new products」で示されている「創造性」を体感していただくために、当研究所のテーマである「発想の転換」を象徴する「巨大なトマトの木」をはじめ各種モニュメントが配置されています。

大塚食品株式会社 徳島工場

ボンカレーやマッチでおなじみの大塚食品の飲料工場も、大塚グループ各社の工場が集まるこの徳島工場エリアにあります。
1970年に設立された大塚食品の徳島工場では、大塚製薬のオロナミンCドリンクやマッチ等を製造しています。

徳島工場エリアの見学に行こう!

徳島工場エリアで製造されている製品

環境への取り組み

大塚化学徳島工場が導入したコージェネレーションシステム

徳島工場では、とくしま環境県民会議の「ごみゼロの日」キャンペーンに賛同し、毎年休日を利用して社員とその家族が事業所周辺の道路や公園の美化活動を行い、地域の環境保護に努めています。

徳島エリアでは、都市ガスを燃料とした発電と発生した熱も利用するコージェネレーションシステムを2007年3月に導入して以来、大塚製薬を含む4社(大塚製薬・大鵬薬品工業・大塚化学・大塚食品)5工場に電力と蒸気を供給できることとなり、CO2排出量が従来より約40%削減され、また窒素化合物と硫黄酸化物もそれぞれ約10分の1になりました。エネルギー効率は55%から80%へ上昇しています。

徳島工場エリアの見学に行こう!