学校・部活動を対象とした取り組み

児童・生徒達に分かりやすく伝える出張講座

大塚製薬では、社員が学校や施設などに直接出向き、「スポーツ活動中の水分補給」「からだ作りと栄養」といったテーマで熱中症の知識や対策などを多くの生徒に伝えています。各学校や団体の要望をもとに、生徒達に最も適した内容となるよう社員が工夫し、スライドや映像・紙芝居を使用した説明会を、授業や全体集会・部活動などの場で実施しています

2016年8月現在 のべ約85万5千人が参加

指導者や保護者の方々に最新情報を伝える出張講座

さらに、教育現場での熱中症への関心の高まりから、指導者向けの講座開催の要望も数多く寄せられたことから、教職員や保護者の方々を対象とした講座も実施しています。
近年では「水分・栄養補給」に加え、「食育も含めた熱中症対策」の情報への要望も強いことから、朝食の重要性などの情報も含め最新情報をお伝えしています。

参加した指導者の方からは、

  • 「早寝・早起き・朝ごはん」の指導と一致しており、子どもたちにも伝えやすい内容だった。
  • 保健だよりなど、家庭への通信を作って全家庭に配布し伝えていきたい。
  • 健康教育に関わる関係者と話が深まり充実した会となった。
  • 保護者の反応がよく、関心が高いことが伺えた。

など多くの反響がありました。

今後も当講座ではスポーツなどの日常の活動時において、子どもたちが楽しく安全に過ごせるように、指導者や保護者の方々を中心に情報提供していきます。