大塚製薬水泳部

「仕事も水泳もベストを尽くす」
志の高い社員の自主的な活動を支援

東京都実業団水泳競技大会にて

東京都実業団水泳競技大会にて

「仕事も水泳もベストを尽くす。」大塚製薬水泳部は、そんな高い志を持った水泳経験のある社員が集まり2007年に結成し、現在では23名の部員から構成されております。メンバーは自らの経験と結果で自社製品の魅力を実証すべく、学生時代に全力を注いだ勝負の場に戻ってきました。水泳競技は、体力・技術・精神力と多くの“力”が必要とされる過酷な競技ですが、各メンバーはある時は通常業務後にジムに通い、またある時は休日に強化練習を行うなど自主的にトレーニングを積むことで、業務と水泳を両立させています。

日本実業団水泳競技大会 女子200メートル
フリーリレーで準優勝の女子チーム

その中、2015年8月、夏真っ盛りの鹿児島で日本実業団水泳競技大会が開催され、全国368社1532選手がこの大会に参加しました。日本代表経験の選手をはじめ、多くのスイマーが名を連ねる本大会において、大塚製薬水泳部は、入賞を果たした計10種目の内3種目で表彰台に上るなど、大健闘しました。
また、2015年7月に開催された東京都実業団水泳競技大会では男女ともに総合3位の好成績を収めました。

大塚製薬では、志の高い社員の自主的な活動を支援しています。

日本実業団水泳競技大会
男子30歳以上の部にて個人初のメダル獲得

日本実業団水泳競技大会 男子200メートル
フリーリレーで優勝争いを演じた
男子30歳以上チーム