エクオールについて

大豆を乳酸菌で 発酵させた エクオール

女性のゆらぎ期には、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しています。

女性にとって大事なホルモンのひとつ「エストロゲン」これは月経や妊娠を司り、その他にも肌や髪をつややかにしたり血管や骨の健康を保ち、さらには脳や自律神経のバランスまで整えるとても大事な成分なのです。

しかし、40歳くらいを境に減っていき、それに伴い様々な不調が出ることで「ゆらぎ」が発生します。

近年、そのエストロゲンによく似た働きをする成分が発見されました。それがエクオールです。

これまでゆらぎ期の不調には、エストロゲンに似た働きをする、大豆イソフラボンが期待されてきました。ところが研究が進むにつれ、大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになりました。
そこで脚光を浴びたのが「エクオール」です。
「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌の力を借り、変換されて生み出されます。ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

大豆に含まれるダイゼイン

エクオール誕生!

しかしエクオールを腸内で産生できるのは、日本人で約5割、欧米人では約3割にとどまっています。大豆イソフラボンを摂取しても、腸内細菌の違いによって、エクオールを産生できない人がいるのです。

エストロゲンが足りない時

よくわかる大塚製薬のエクオールMovie

よくわかる大塚製薬の
エクオールMovie

大塚製薬のエクエルCMはこちらから

大塚製薬のエクエル
CMはこちらから

ページトップ