エクオールが作れる人

作れる確率

エクオールをつくれるのは2人に1人といわれています

実はすべての人がエクオール産生菌を持っているわけではありません。つまり、大豆イソフラボンをいくら摂っても、エクオールに代謝できる人と、できない人がいるのです。エクオールを体内で作れる人は、日本人で2人に1人と言われています。

さらにエクオールをつくれる人の割合を年齢別に見てみると、中高年女性では5割程度、若年女性では2割程度であるというデータもあります。若年女性の方がエクオールをつくれる人の割合が少ないのは、食生活の欧米化が関係しているのではないかと考えられています。

エクオールを作れる人の年齢別割合グラフ図

さこのように日本人では2人に1人しかつくれないエクオールですが、外国ではどうでしょうか。日本・中国など大豆をよく食べる国々では、エクオールをつくれる人(エクオール産生者)が約50%、大豆食の習慣がない欧米では20%~30%といわれています。欧米人や日本人若年女性にエクオール生産者が少ない理由としては、やはり「大豆食の習慣」の少なさが関連しているようです。

エクオールが作れる人は世界にどれくらい? 日本人は2人に1人

※出典:日本女性医学学会雑誌,20:313-332,2012

エクオール10mを1日4粒で摂取できるエクエルについてはこちら

なぜ大豆に注目が集まっているのか

大豆を食べる文化が日本人女性の健康を支えている

日本人と欧米人の大きな違いは食文化にあります。その食文化の違いと健康に関する研究から大豆が体に与える影響について注目を集めています。

お求めの方はこちら

取扱医療機関店舗一覧

お近くの医療機関・店舗を調べる

大塚製薬公式のインターネット通販

オンラインショップを見る

ページTOPへ