ポリデキストロース|大塚製薬

ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 食物繊維を摂ろう!
  4. 食物繊維とは?
  5. 食物繊維の分類と特性
  6. ポリデキストロース

食物繊維を摂ろう!ポリデキストロース

ポリデキストロースって何?

ポリデキストロースは、グルコース(ブドウ糖)、ソルビトール、クエン酸を原料とした安全な食物繊維です。

元々、賦形剤(成型、増量、希釈を目的に加えられる添加剤)として、食品中の油脂や砂糖との置き換え、総エネルギー量低下を目的(肥満の予防目的)に開発されたものです。

ポリデキストロースは安全?

ポリデキストロースは、1981年に米国FDA(食品医薬品局)で低カロリーの食品素材として認可され、日本でも1983年に食品として認可されました。 日本では「食品」として、飲料や各種食品に使用されています。

ポリデキストロースは体内でこう働く

1.糖分の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を防ぐ

中国上海大学Zhong教授のもとで行われたグリセミックインデックスに関する試験は、120人の学生を対象とした大規模な臨床試験であり、50gグルコース単独よりもポリデキストロース12gを一緒に摂取した方が、血糖値の上昇は緩やかになり、グリセミックインデックスを12%低下させる効果が確認されました。血糖値の上昇を緩やかにすることは、インスリン過剰分泌を軽減し、脂肪蓄積を抑制することができるということも示唆しています。

出典
Zhongら:Am J Clin. Nutr.72,1503-9 (2000)

2.胆汁酸を排泄させる

ポリデキストロースは、便とともに胆汁酸を排泄する働きがあるといわれています。また、胆汁酸は肝臓でコレステロールを原料にして作られるので、結果的には血中のコレステロールを減らすことにもなります。

3.腸内の善玉菌を増やす

ポリデキストロースは、腸内の悪玉菌を減らし、その結果善玉菌を増やす効果があります。健康な成人男女8名に、高コレステロール食とポリデキストロースを含む飲料を一緒に摂取させたところ、便の中の悪玉菌の数と検出率が低下しました。

ポリデキストロースの特性

(1)低カロリー エネルギーは1gあたり1 kcal
(2)低粘性 水によく溶け、サラサラしていて粘性はほとんどない
(3)非う蝕性 口腔内細菌の基質にはならない
虫歯になりにくい
(4)甘味度ゼロ 無味、無臭、甘味度なし
低甘味化、自由な味つけができる
(5)安全性 米国FDAが認めた食品素材で、日本において「食品」として利用できる
(6)食物繊維 難消化性の水溶性食物繊維

よく食品素材として使用される水溶性食物繊維