ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 熱中症からカラダを守ろう
  4. 熱中症になりやすい年代

熱中症からカラダを守ろう熱中症になりやすい年代

熱中症には誰もが注意する必要がありますが、その中でも特に熱中症を起こしやすい年代があります。男性では0~4歳、15~19歳、55~59歳、80歳前後に、女性では0~4歳、80~84歳に熱中症発症のピークがあります。

10代~60代では男性の方が熱中症で亡くなる割合が高くなっています。この理由として、男性の方が青年期のスポーツ時の運動強度が高く、中年期にかけては仕事による身体のへの負担が大きいためだと考えられます。

年齢階級別性別熱中症累積件数(1968~2015年)

熱中症死亡数の年次推移(1968年~2015年)

引用)森本武利,中井誠二:熱中症(II)熱中症の疫学. 産業医学ジャーナル 39(4):24-30, 2016.

スポーツ中や職場など、熱中症に注意が必要なシチュエーションと、その対策と対処法についてケーススタディ形式で紹介します。