ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 更年期も元気にすごそう
  4. 更年期とは

更年期も元気にすごそう更年期とは

更年期とは一般的に、閉経を迎える前後の各5年、すなわち40代後半から50代前半までの10年間を指し、この時期に心身の変化があらわれる人もいます。

ホルモンバランスが変化する時期

女性のライフサイクルの中では、体のリズムの変化がみられる時期があります。初経(初潮)、妊娠、出産、閉経といった、からだの変化と大きく関わっているのが、女性ホルモン(エストロゲン)です。生理を迎える思春期、妊娠・出産が可能な性成熟期といったように、女性の体は卵巣から分泌されるホルモンの働きで様々に変化します。
女性のライフサイクルとエストロゲンの血中濃度は密接に関係しています。思春期を経て、性成熟期でピークを迎え、更年期には大きく減少します。

女性ホルモン(エストロゲン)の変化

更年期というとあまりいいイメージがないかもしれませんね。しかし女性なら一度は経験するこの時期を、楽しく乗り切る方法を一緒に考えていきましょう。

更年期のサイン

「更年期」は、一般的には45歳~55歳あたりと考えられていますが、この年齢も個人差が大きく、心やからだの変調がみられる時期も人により異なります。

「もしかして更年期に入ったのかも・・」と考えられる、からだからのサインの一つに、月経の乱れがあります。

月経の乱れとは、月経周期がばらばらになる、月経の持続日数が短くなったり長くなったりする、月経量が変化する、などのことです。月経の様子がこれまでと変わってきたと感じるようになったら、ホルモン的にはそろそろ更年期の始まりと思ってよいでしょう。

自律神経失調症状
  • 顔のほてり(ホットフラッシュ)
  • のぼせ、異常発汗、めまい
精神神経症状
  • 倦怠感、うつ、不眠

更年期だけが月経不順の原因というわけではありません。ですが、症状が気になるようだったら一度婦人科を受診されることをおすすめします。

更年期症状について
詳しくご覧になりたい方はこちらへ