ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 更年期も元気にすごそう
  4. 更年期症状について
  5. 更年期症状を緩和するために(治療の種類)

更年期も元気にすごそう更年期症状を緩和するために(治療の種類)

更年期症状がひどい場合、その方に合った治療を行うことで症状を軽くすることができます。医師との相談の上、自分に無理のない方法を選択しましょう。
ここでは更年期症状の緩和によく実施されている治療法について紹介します。

  • HRT(Hormone ReplacemenlTherapy)ホルモン・リプレースメント・セラピー(ホルモン補充療法)
    HRT(ホルモン・リプレースメント・セラピー)は、減少した女性ホルモン(エストロゲン)を外から補充する療法です。卵巣からのエストロゲンの分泌の減少を補充して埋め合わせすることで、更年期というホルモンバランスが崩れていく時期の心身を整えていきます。
  • 漢方療養
    更年期症状のあらわれ方の強さには、それぞれの方の体質の違い、考え方の違い、現在おかれている環境のストレスの違い、などが関わっていると考えられています。
    漢方療法は、とくに手足の冷えやめまい、動悸、倦怠感がみられる場合に有効だといわれています。
  • 抗不安薬、抗うつ薬
    抑うつ気分は更年期に経験する症状の1つですが、気分の落ち込み、不安感や焦燥感が強い場合は、抗不安薬・抗うつ薬などの向精神薬も有効です。服用には医師の診断が必要ですので、症状がひどい場合は婦人科を受診し医師に相談しましょう。
  • 心理療法・カウンセリング
    背景にある心理・社会的要因への対応として行います。各種薬物療法と併用できることもあり、一定の効果も期待できます。

その他の詳しい更年期対策を
ご覧になりたい方はこちらへ