病気の原因は?|大塚製薬

ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. パーキンソン病
  4. 病気の原因は?

パーキンソン病病気の原因は?

ドパミン神経細胞の障害により症状が現れる

脳は心身の状態をコントロールする総合司令塔です。
脳が出す指令は「神経伝達物質」によって次から次へと伝言ゲームの様につたえられ、運動したり、いろいろな感覚を感じたりします。
パーキンソン病では、神経伝達物質のうち黒質という部位にある「ドパミン」が減少することにより、うまく運動ができなくなります。
ドパミンの量が減る原因は、まだ十分には解っていません。年齢に伴った脳の何らかの変化や一部は遺伝子に関連した変化が原因として推定されています。
パーキンソン病では、不足したドパミンをお薬で補充することにより、症状を軽減することができます。

正常な神経細胞の流れ

ドパミンが大量にあり、スムーズに情報が伝わります。

パーキンソン病の場合

ドパミンが減少し、情報伝達がうまくいきません。