ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. パーキンソン病
  4. どんな症状があるの?

パーキンソン病どんな症状があるの?

パーキンソン病で代表的な運動症状は次の4つです。いずれの症状も、症状の強さに左右で差があるのが大きな特徴です。

パーキンソン病の4大症状

手足が震える
[振戦(しんせん)]

座って何もしていない時や寝ている時に、手足が小刻みに震えます。動いたり、何かしようとするときには、震えが止まることが多いのが特徴です。パーキンソン病の最も代表的な症状です。

筋肉がこわばる
[筋固縮(きんこしゅく)]

筋肉がこわばり、身体がスムーズに動かなくなります。歯車のように規則的な動きになる場合を歯車現象、こわばりが続く場合を鉛管(えんかん)現象と呼びます。

動きが鈍くなる
[無動、寡動(むどう・かどう)]

素早い動作ができなくなります。動きが小さくなり、歩いているときにもほとんど手を振らなくなります。一度にいくつもの動作をしようとすると、さらに動きが鈍くなります。

身体のバランスがとりにくくなる
[姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい)]

立っているとき、軽く押されるとバランスを崩してしまいます。バランスを崩すと元に戻しづらくなり、転んでしまうことがあります。これは進行すると出てくる症状です。(重症度分類でヤールⅢ度と呼ばれます。この状態になると難病の治療費が補助されます)

パーキンソン病のその他の症状

4大症状以外にも、様々な症状があらわれることがあります。表に示した症状が必ずみられるわけではありません。
また、ほかの病気でもみられる症状ですので、よく主治医にご相談ください。

身体機能の異常

  • 歩行障害
    • 前かがみの姿勢で小刻みにすり足で歩く
    • 歩き出しの一歩が踏み出せない(すくみ足)
    • 歩いているとだんだんスピードが速まる(加速歩行) など
  • 姿勢の異常
    • 腰が曲がる
    • ななめに傾いてしまう
    • 首が下がる など
  • 無表情
    • まばたきが減る
    • 表情がなくなる「仮面様顔貌」 など
  • 嚥下障害
    • 食べ物が飲み込みにくくなる
  • 字の変化
    • 字が小さくなる、ふるえる
    • 字を書いているうちにだんだん小さくなる

自律神経の異常

  • 便秘
    • 初期からあらわれ、90%以上の患者さんにみられる
  • 起立性低血圧
    • 立ちくらみ など
  • 排尿障害
    • 夜間に何度もトイレに起きる
    • 尿が漏れてしまう など

精神・認知の異常

  • うつ状態
    • 不眠
    • 何をしても楽しくない など
  • 認知症
    • 計画をたてることがおっくうになる など

感覚の異常

  • 幻覚・妄想
    • ないものが見える(幻覚)
    • 根拠のない思い込み(妄想) など
  • 痛み・しびれ
    • 関節痛、筋肉痛
    • 手足のしびれや痛み など
  • 嗅覚の低下
    • においが鈍くなる

睡眠障害

  • 中途覚醒
    • 朝起きるときの筋肉の痛みやこわばり など