[an error occurred while processing this directive]

内臓脂肪撃退プロジェクト はらすまダイエット

内臓脂肪撃退プロジェクト はらすまダイエット 目指せ! SMART!

はらすまダイエットの概要を知る

はらすまダイエットは賢く痩せるダイエット

「はらすまダイエット」の原則は、「無理なことはやらない。がんばらない、けれども簡単にはあきらめない。」ということです。(表1参照)
ちなみに「はらすま」とは、Hitachi Associates Life StyleModification & Actionを略したもの「HALSMA」です。日立(Hitachi)の仲間(Associates)が集まって、内臓脂肪を撃退するために、これまでの習慣(Life Style)を見直し(Modification)、実際に行動(Action)を起こそうというものです。

また、メタボリックシンドロームの方の腹をスマートにすることを目標としているため、「はらすま」とも呼んでいますが、スマート(SMART)は細いという意味ではなく、本来は賢いという意味です。

「はらすまダイエット」をひと言で説明すると、「できるだけ『具体的』(Specific)『数字』(Measurable)にして、『行動』(Aciton-oriented)に向かえるように、目標は『現実的』(Realistic)であり『時間』(Time-bound)を区切る」と賢く減量できるダイエットです。

忙しく働く人にとっての減量作戦は、最小限の工夫で最大効果を上げたいところですが、実際には解決策に画一的なものなど存在しません。個人でいちばんフィットする作戦を編み出すほかありません。メタボリックシンドロームと診断されたからといって、歯をくいしばって1か月で5 kg減量するのではなく、日常のわずかな工夫が、体重の減量に反映することを、90日という余裕の期間で体験してください。安全で確実、効果の高い、無理のない、賢い内臓脂肪撃退作戦を練っていきましょう。

Specific できるだけ「具体的」に Measurable 「数字」にする Aciton-oriented 「行動」に向かうように Realistic 目標は「現実的」であり Time-bound 「時間」を区切る

PDCAサイクルで考える「はらすまダイエット」

「はらすまダイエット」は、1日50〜100gという減量を90日間続けて、体重の5%減量をめざします。働く人になじみの深いPDCAサイクルを用いてみるとその仕組みがわかりやすくなります。1日300 kcalというわずかな努力ですが、続けることで必ず目標に到達できることが理解できます。何より無理をしないことが、安全で確実な方法です。

PLAN
(計画)
体重の5%減量を目標 1日50〜100g減量
(50gの脂肪は、350kcalの算段でなんとか消滅できる理屈)
  • 10日おき目標 500〜1,000g減量
  • 90日後の目標 4.5〜9kg減量
DO
(実行)
100kcal単位生活習慣カードを使って、できそうな行動を選択する。
  • 通勤時の徒歩を現在より30分増やす(100kcal)。
  • ごはんのおかわりをやめる、アルコールをやめるなど200kcalは食事から。

(よく噛んで、いつもより長い食事時間を意識する。)

CHECK
(検証)
原則1日2回50〜100g表示の体脂肪計で体重測定・記録
10日ごとに朝測定した体重などをメールなどで担当まで報告
ASSESSMENT
(改善)
10日おきに短期目標チェック
次の短期目標に進むか、現在の目標達成まであと10日がんばるか。
  • またはPLAN・DOを見直して再挑戦するかを相談

はらすまダイエットのポイント

「はらすまダイエット」のポイントは、以下の8つです。

1 減量目標は現在の体重の5%
2 3か月(90日間)かけて減量
3 1日の減量目標は50〜100g
4 100g体重計で朝晩2回体重をチェック
5 必ず紙に記録しておく
6 体重が増えたときは言い訳を記入
7 がんばらない、無理なことはやらない
8 目標達成時には自分へのごほうびを決めておくこと

例えば、現在体重80 kgの人の場合、5%の4 kgを90日かけて、ゆっくりと減量していきます。4,000 g(4 kg)÷90日=44 gで、1日44 gの減量です。しかし、脂肪44 gを減らすには、300 kcalの運動を行うか、300 kcalの食事の量を減らす必要があります。300 kcal消費するのに、散歩だと1時間半かかります。忙しい人には負荷が大きすぎます。そこで100 kcalと小分けにして考えてみます。100 kcalだと30分の散歩となり、現実的な目標になります。ちなみに階段15分昇降でも100 kcalです。食事や間食では、ふつうの茶碗でのごはんが100 kcal、缶コーヒー2本で100 kcalです。

無理のない範囲で、歩いたり、間食を減らしたりして、日々の体重をグラフに記録すると、わずかずつではあっても右肩下がりになります。これを日々確認することで減量のモチベーションが維持されます。

体重80kgの人の場合
[an error occurred while processing this directive]