A群溶血性レンサ球菌 感染経路・感染予防

感染経路

患者さんの唾液や鼻汁による飛沫感染が多く、患者さんが触った食材を介して感染したり、接触によって感染することもあります。人と接触する機会が多い家庭や学校などで、集団感染が起こることがあります。

感染予防

うがいや手洗い、マスクの着用など、風邪の予防と同様の対策が有効です。