ロコモ度テスト - 2ステップテスト

ページ内を移動するためのリンクです。

ロコモ度テスト

ロコモ予防の第一歩は自分の身体を把握することです。
3つのテストで「立つ」「歩く」「走る」といった、
自分の移動能力を確認し、同年代の平均値と比べてみましょう。

ロコモ度テスト -2ステップテスト

このテストでは歩幅を測定しますが、同時に下肢の筋力・バランス能力・柔軟性などを含めた歩行能力が総合的に評価できます。

ガイドムービーを見る

2ステップテストの方法

  1. スタートラインを決め、両足のつま先を合わせます。
  2. できる限り大股で2歩歩き、両足を揃えます。(バランスをくずした場合は失敗とします。)
  3. 2歩分の歩幅(最初に立ったラインから、着地点のつま先まで)を測ります。
  4. 2回行って、良かったほうの記録を採用します。
  5. 次の計算式で2ステップ値を算出します。
■2ステップ値の算出方法
2歩幅(cm)÷身長(cm)=2ステップ値
2ステップテストの方法の図

注意すること

  • 介助者のもとで行いましょう。
  • バランスを崩さない範囲で行いましょう。
  • 滑りにくい床で行いましょう。
  • ジャンプしてはいけません。
  • 準備運動をしてから行いましょう。

参考:村永信吾,他:昭和医学会誌,2003;63(3):301-308.

判定方法

「2歩幅(cm)÷身長(cm)=2ステップ値」が各年代の平均の値(下記グラフの部分)に入っている場合、及び、それより良い場合、年代相応の歩幅を維持していると判定します。

年代別2ステップ値

年代別2ステップ値のグラフ

※「明らかな運動器疾患を持たない方」の各年代の平均です。
ロコモ チャレンジ!推進協議会ロコモ度テストワーキンググループ調査資料

出典:ロコモパンフレット2013年度版、無断転載を禁じます