メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積

メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積

監修:三井住友銀行大阪健康サポートセンター 大阪健康サポートセンター長 船橋 徹先生

動脈硬化の予防。その鍵は「内臓脂肪」-其の2-

メタボリックシンドロームは、高血糖、脂質の異常(中性脂肪高値、HDL(善玉)コレステロール低値)、血圧の上昇などの動脈硬化性疾患の危険因子が偶然に集まったものではなく、上流に内臓脂肪蓄積という共通の源流がある、という考え方がおおもとにあります。内臓脂肪が過剰に蓄積しない生活習慣を心がけ、これら危険因子を減らすことが、メタボリックシンドロームの下流にある動脈硬化の予防につながると考えられます。
メタボリックシンドロームの概念
再生ボタンを押すと、過栄養・運動不足の雷さまのアニメが始まります。 日々の生活習慣が内臓脂肪の過剰な蓄積を起こし、さらには動脈硬化に結びつく様子を見てみましょう。
Get ADOBE FLASH PLAYER
このコンテンツをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。
必要な方はAdobe社のサイトからダウンロードしてください。