メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積

メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積

監修:三井住友銀行大阪健康サポートセンター 大阪健康サポートセンター長 船橋 徹先生

検査値が異常だったら!?

内臓脂肪の蓄積の疑いをあらわす腹囲の増大があり、脂質の異常、血圧の上昇、高血糖のうち2項目以上が重なった病態を「メタボリックシンドローム」と診断します。メタボリックシンドロームの概念は、おおもとの内臓脂肪を少しでも減らすことによって、複数もっている脂質、血圧、血糖の問題を少しでも改善し、ひいては心筋梗塞脳卒中を予防しようという考えのもと、広まりました。
2項目以上の検査値異常
高脂血症、高血圧症、糖尿病は比較的頻度の高い生活習慣病であり、内臓脂肪の蓄積がなくても、脂質、血圧、血糖の異常が偶然重なる場合もあります。この場合は、それぞれの検査値に異常としてあらわれる原因を調べ、医師による適切な指導を受けることが大切です。
メタボリックシンドロームの場合、その上流にある内臓脂肪を減らすことがもっとも重要です。過栄養・運動不足などで蓄積した内臓脂肪を減少させることは、生活習慣に起因する脂質、血圧、血糖の問題を一網打尽(いちもうだじん)に改善する可能性があります。効率よく動脈硬化性疾患を予防する方法といえるでしょう。
再生ボタンを押すと、生活習慣を改めた雷さまのアニメが始まります。
Get ADOBE FLASH PLAYER
このコンテンツをご覧頂くにはAdobe Flash Playerが必要です。
必要な方はAdobe社のサイトからダウンロードしてください。