必見!脂肪組織の働き

必見!脂肪組織の働き

監修:三井住友銀行大阪健康サポートセンター 大阪健康サポートセンター長 船橋 徹先生

発見!脂肪組織の働き

近年、脂肪組織は、私たちの身体にとって大切な様々な物質を作っては血中に放出していることがわかってきました。これらの物質を「アディポサイトカイン」と呼んでいます。血管を通って全身に運ばれるアディポサイトカインには、糖の代謝や血圧などに影響を与えているものがあることがわかってきました。
アディポサイトカインには様々な種類があり、私たちの健康維持に必要であると考えられています。その中に、体によい働きをする善玉と、内臓脂肪の蓄積によって血液中に過剰に分泌されると健康に悪影響を及ぼす悪玉と考えられる物質があります。
適度な体脂肪量の人の血中には、「アディポネクチン」という善玉アディポサイトカインが多くあります。しかし、内臓脂肪が過剰に蓄積するとアディポサイトカンの分泌バランスが崩れ、血液中の「アディポネクチン」は減少します。
反対に、悪玉アディポサイトカインが増加すると、糖尿病や、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳卒中(のうそっちゅう)などの動脈硬化性疾患(どうみゃくこうかせいしっかん)が起こりやすい状態になることがわかってきました。
適度な体脂肪の男性と内臓脂肪が過剰に蓄積した男性