必見!脂肪組織の働き

必見!脂肪組織の働き

監修:三井住友銀行大阪健康サポートセンター 大阪健康サポートセンター長 船橋 徹先生

善玉アディポサイトカイン

アディポネクチン
アディポネクチンは、脂肪組織がつくりだす物質で、実験的には糖尿病や動脈硬化の防御作用があり、善玉 アディポサイトカインではないかと考えられています。
アディポネクチンは、インスリンの感受性を高めるといわれています。
また、アディポネクチンは、傷ついた血管が肥厚(ひこう)するのを防いだり、動脈硬化のもととなる血管壁への脂質沈着(ししつちんちゃく)を抑えたりすることがわかってきました。
血流にのって体中を見回りし、ストレス、過食、タバコ、飲酒などによっておこる「ぼや」が「大火」になる前にとめる「火消し」役のようですね。
ボヤを消すアディポネクチン
肥満になって一つ一つの脂肪細胞が大きくなると、すべてのアディポサイトカインの血液中の量は増えるのでしょうか。
意外なことに、肥満や内臓脂肪が蓄積した人では、血液中のPAI-1などの量は増加していますが、アディポネクチンの濃度はむしろ低いことがわかりました。
脂肪組織が分泌する物質は、ここで紹介した善玉アディポサイトカインのアディポネクチン、悪玉アディポサイトカインのPAI-1、TNF-αだけではありません。
近年、これらをはじめとしたさまざまなアディポサイトカインの働きが解明され、血中のアディポサイトカインを測定する方法も開発されています。健康状態や病気とアディポサイトカイン・アディポサイトカインを分泌する脂肪組織の働きとの関連性について、今後も研究が進むことが期待されます。