PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


血管外科に通院中の方へ
「PAD」の症状と診断、治療および予防について、コンパクトにわかりやすくまとめました。
自己診断
PAD自己チェック表
(1) 歩行時に、どちらかの下肢に痛みがありますか?
  はい いいえ
(2) そのような痛みが、じっとしているときや座っているときに起こったことがありますか?
  はい □いいえ
(3) ふくらはぎ(片側又は両側)にそのような痛みがありますか?
  はい いいえ
(4) 痛みは、上り坂を歩いたり、急いで歩いたときに起こりますか?
  はい □いいえ
(5) 痛みは、平地を普通の速度で歩いたときに起こりますか?
  はい いいえ
(6) 歩き続けている間に痛みがなくなったことがありますか?
  はい □いいえ
(7) 歩行中に、痛みが起こったときはどうしていますか?
  止まる □歩く速度を落とす □同じ速さで歩き続ける
(8) じっと立ち止まったときどうなりますか?
  痛みは通常10分以上続く □痛みは通常10分以内に消失する
間欠性跛行と診断するには次の全項目を満たすことが必要です。
(1)、(3)、(4)及び(5)が“はい” 、
(2)及び(6)が“いいえ” 、
(7)は“止まる”または“歩く速度を落とす”、
(8)は“痛みは通常10分以内に消失する”、
Rose, G. A. et al.:Bull. Wld. Hlth. Org., 27(6), 645-658,1962(一部改変)