健康な胃をとりもどそう

健康な胃をとりもどそう ピロリ菌の検査と除菌のすすめ

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の感染について
ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関すると指摘され、50代以上の日本人の70〜80%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。ピロリ菌の感染経路はまだはっきり解明されていませんが、経口感染が主な経路と考えられています。上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高く、先進国の中では日本は際立って高い感染率です(50歳以上)。しかし、衛生状態が改善された今日、若い世代の感染率は急速に低下しています。また感染していても、消化性潰瘍がかならず発症するとはかぎりません。
ピロリ菌の検査TOPへ
どんな症状があったらピロリ菌の検査を受ければいいの?
胃や十二指腸潰瘍の経験のある方や、再発をくりかえす方や、胃炎の方、胃MALTリンパ腫の方や特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の方、早期胃がんの内視鏡的治療を受けた後の方は、健康保険で検査を受けることが出来ます。この他、胃がん家系でご心配な方や、なんとなく胃の具合がいつも悪い方などは医師にご相談ください。人間ドックや検診などで希望すれば自費で検査を受けることが出来ます。
ピロリ菌の検査TOPへ
ピロリ菌を見つける検査法
  内視鏡を使わない方法  
 
ピロリ菌を見つける検査には大きく分けて内視鏡を使わない方法と、内視鏡を使う方法があります。内視鏡を使わない検査方法は、何より内視鏡検査を受けずに済むという大きなメリットがあります。
 
 
1)尿素呼気試験法
 
 
診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。
最も精度の高い診断法です。
簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。
 
2)抗体測定
 
 
ヒトはピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体をつくります。血液中や尿中などに存在するこの抗体の有無を調べる方法です。
血液や尿などを用いて、その抗体を測定する方法です。
 
3)糞便中抗原測定
 
 
糞便中のピロリ菌の抗原の有無を調べる方法です。
 
  内視鏡を使う方法  
 
内視鏡検査では、胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを直接観察して調べますが、それと同時に、胃粘膜を少し採取しそれを使って検査する方法です。
 
 
1)培養法
 
 
胃の粘膜を採取してすりつぶし、それをピロリ菌の発育環境下で5〜7日培養して判定します。
 
2)迅速ウレアーゼ試験
 
 
ピロリ菌が持っているウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。
採取した粘膜を特殊な反応液に添加し、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。
 
3)組織鏡検法
 
 
胃の粘膜の組織標本に特殊な染色をしてピロリ菌を顕微鏡で探す組織診断方法です。
ピロリ菌の検査TOPへ
動画を見る(ピロリ菌をみつける)
ピロリ菌をみつける
《再生時間 : 2分34秒》
ピロリ菌をみつける方法には内視鏡を使わず、精度が高い方法があります。
 
動画を見る
     
ピロリ菌の検査TOPへ
動画を見る(ピロリ菌の感染)
ピロリ菌の感染
《再生時間 : 3分31秒》
全国民の半数が感染していると推測されているピロリ菌。胃の具合の悪い方へのアドバイス。
 
動画を見る
     
ピロリ菌の検査TOPへ
※視聴には「Flash Player」が必要です。
ダウンロードはそれぞれ文字のリンク先から行なってください。