どんな症状があるの?

脚に何とも言えない不快感が生じるレストレスレッグス症候群の症状
を、患者さんは様々な言葉で表現します。

レストレスレッグス症候群の症状の例
(患者さんの訴えより)

レストレスレッグスの症状には、4つの特徴的な自覚症状があり、これらにあてはまる場合は、
レストレスレッグス症候群の可能性があります。

1.脚の不快な感覚のため、脚を動かしたくてたまらなくなる

脚の表面ではなく深部に不快な感じがあります。両脚に不快感が出ることが多いですが、片方しか出ない場合もあります。進行すると、脚以外にも症状があらわれることもあります。

2.安静にして、横になったり座ったりしていると症状があらわれる、
または強くなる

横になったり、座ったりして数分から1時間以内に症状が出てくる場合が多く、長時間座っていられなくなり、仕事や学業に集中できなかったり、電車や飛行機に乗ることに苦痛を感じる場合もあります。

3.脚を動かすと、不快な感覚が軽くなる

足を叩いたり、さすったり、歩いたりするなど脚を動かすと、その間は症状が軽くなったり、治まったりします。身体のどこかを動かしていれば症状が軽くなるのも特徴です。運動を止めると症状が再発することが多いです。

4.夕方から夜にかけて症状が強くなる

夕方から夜になると症状があらわれたり、強くなる傾向があります。1日の中で時間帯により、症状の強さが変化するのが特徴です。
進行すると昼間に症状があらわれることがあります。