どうしてカサカサ肌になるの?

ページ内を移動するためのリンクです。

どうしてカサカサ肌になるの?

肌(皮膚)が乾燥するとどんな状態になるの?
健康な肌(皮膚)では、汗腺、皮脂腺、そして表皮細胞にある天然保湿因子、角層細胞間脂質などの働きによってうるおいが保たれています。これらの働きが十分でなくなり水分量が低下した状態が乾燥肌です。
乾燥肌は肌(皮膚)の表面がカサカサしている、亀の甲羅のような亀裂がはいった状態で、ちくちくとかゆいといった症状があらわれます。これは肌(皮膚)のバリア機能が低下するために、様々な刺激が入りやすく、水分が蒸散しやすくなっているために起こるのです。

カサカサ肌の症状

何がカサカサ肌の原因になっているの?
カサカサ肌になってしまう原因はたくさんあります。

カサカサ肌の原因

イラスト:エアコン

湿度

冬は空気が乾燥します。また寒くなると汗も皮脂も分泌が少なくなり、天然の保湿クリームが少なくなっています。冬になるとカサカサ肌が見られるのは、このためです。しかし最近は冬だけでなく、汗をかく夏でもカサカサ肌の方も多くなりました。これはエアコンによって、湿度が低くなっている部屋に長時間いるためです。その他、風も肌(皮膚)の水分を奪うため、強風の日は要注意です。

紫外線

紫外線は肌(皮膚)にダメージを与え、シミやソバカスだけでなく乾燥肌の原因となります。紫外線に長くあたったり、強い紫外線にあたると、一時的に肌(皮膚)のターンオーバー周期を過度に早め、水分・皮脂の少ない肌(皮膚)となってしまうのです。また肌(皮膚)のバリア機能も弱まり、乾燥肌を助長してしまいます。

イラスト:体を洗う男性

顔や体の洗いすぎ

顔や体を強く洗いすぎると、天然の保湿クリームである皮脂膜や細胞間脂質もなくなってしまい、カサカサ肌の原因のひとつとなってしまうのです。

その他の生活習慣

乾燥肌の原因には喫煙やストレス、偏食もあります。喫煙は体の中に活性酸素を発生させる原因となり、肌(皮膚)にも良い影響を与えません。

カサカサ肌は、必ずケアしなければいけないの?
カサカサ肌は肌(皮膚)のバリア機能が低下した状態ですから、外部刺激(ウイルスや細菌などの微生物、紫外線、寒冷・温熱、化学物質など)が入りやすくなっています。ですからそのままにしておくと、赤くなったり、湿疹ができることもありますし、かゆみがあると掻いて悪化させてしまったり、バイ菌がついてしまうこともあります。
カサカサ肌に気づいたら、すぐに正しいスキンケアを行うことが大切です。もちろん、カサカサ肌にならないように日頃からのお手入れも忘れないでください。スキンケアをしていても肌(皮膚)の状態が良くならない場合は、皮膚科医に相談しましょう。