化粧品などに使われている保湿成分

ページ内を移動するためのリンクです。

化粧品などに使われている保湿成分

化粧品やクリームには、どんな保湿成分が
含まれているのですか?
健康な肌(皮膚)では、汗腺、皮脂腺、そして表皮細胞にある天然保湿因子、角層細胞間脂質などの働きによってうるおいが保たれています。何らかの原因で、これらが機能しなくなると肌(皮膚)のうるおいが保たれずにカサカサ肌となってしまうのです。こうしたときには、不足している保湿成分をしっかりと補ってください。

化粧品などに含まれる保湿成分

ヒアルロン酸

真皮にあるゼリー状の成分で、水分を保持する働きがあります。

セラミド

角層細胞間脂質の約4割を占めているセラミドには、水分を取り込む働きがあります。

グリセリン

体の中に存在する成分で、吸湿性が高い成分です。

尿素

天然保湿因子(NMF)の一つで、水分を保持する働きがあります。

AMP

アデノシン一リン酸の略で、もともと私たちの体の中に存在している成分です。