ページ内を移動するためのリンクです。

メタボ博士のひとことメモ

「脂質異常症」って知っていますか?


脂質異常症(ししついじょうしょう)
脂質異常症は、血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)の量が異常に多かったり、HDL(善玉)コレステロールが過度に少ないことによって診断されます。

高トリグリセライド(TG)血症
血液中にトリグリセライドが多く、その値が150mg/dL以上の場合「高トリグリセライド血症」と診断されます。(日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版による)

低HDLコレステロール血症
血液中のHDL(善玉)コレステロールが過度に少ない状態(HDLコレステロール値が40mg/dL未満の場合)を「低HDLコレステロール血症」といいます。 (日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版による)

高LDLコレステロール血症
血液中のLDL(悪玉)コレステロールが異常に多い状態(LDLコレステロール値が140mg/dL以上の場合)を「高LDLコレステロール血症」といいます。(日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版による)

高脂血症(こうしけっしょう)
高脂血症とは、文字のとおり、血液中に脂質が多い(総コレステロール値、トリグリセライド値が高い)状態のことをいいます。