ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. 栄養研究室
  6. 分岐鎖アミノ酸飲料の単回摂取に対する血中分岐鎖アミノ酸応答

栄養分岐鎖アミノ酸飲料の単回摂取に対する
血中分岐鎖アミノ酸応答

濱田広一郎、木場孝繁、桜井政夫、松元圭太郎、樋口智子、今泉記代子、早瀬秀樹、上野裕文
日本臨床栄養学会雑誌 2005; 27: 1-10

目的

単回摂取で血中BCAA濃度を十分に増大できるBCAA量を決定すること。

方法

健常成人男性8名を対象に、6段階のBCAA含有飲料およびプラセボ飲料を用いた二重盲検クロスオーバー比較試験を実施した。試験1では、BCAA 2000mg、1000mg、500mgを含むBCAA含有飲料およびプラセボ飲料500mlを単回摂取させた後の血中BCAA濃度を測定した。

  • クロスオーバー比較試験:一人の被験者が、各条件を異なる順番で実施し結果を比較する試験

結果

BCAA含有飲料摂取後に血漿総BCAA濃度は用量依存的に上昇し、そのピークは摂取30分後であった。BCAA2000mgまたは1000mg含有飲料摂取において、プラセボ飲料摂取時に比べて血漿総BCAA濃度は有意に高く、BCAA2000mg含有飲料では、摂取120分後でも摂取前値に対して有意に高く維持されていた。一方、BCAA1000mgまたは500mg含有飲料では血漿総BCAA濃度が摂取前値に対して有意に高い値を示したのは、それぞれ摂取45分後までと30分後までであった。

考察

BCAAを2000mg以上含有する試験飲料摂取は、500mgや1000mg含有飲料に比べて、1)血中BCAA濃度上昇をより大きくし、2)上昇した血中BCAA濃度をより長時間維持した。従って、生理的効果をより高く期待できるBCAAの摂取量は、2000mg以上であることが推察された。

BCAA含有飲料摂取後の血漿BCAA濃度の変化量
出典:日本臨床栄養学会雑誌 2005; 27: 1-10を改変

その他の重点分野