ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. 栄養研究室
  6. Branched-chain amino acids supplementation attenuates the accumulation of blood lactate dehydrogenase during distance running

栄養Branched-chain amino acids supplementation attenuates the accumulation of blood lactate dehydrogenase during distance running

Koba T, Hamada K, Sakurai M, Matsumoto K, Hayase H, Imaizumi K, Tsujimoto H, Mitsuzono R
J. Sport Med. Phys. Fit 2007; 47: 316-322

目的

BCAA含有飲料摂取が、長距離走時の筋損傷に及ぼす影響を検討すること。

方法

男子陸上長距離選手8名を対象に、BCAA含有飲料(BCAA 2g/500mL)または等カロリープラセボ飲料摂取の2条件にて、二重盲検クロスオーバー比較試験を実施した。大学陸上競技部夏季合宿中に行われた25km走において、各被験飲料を走行開始30分前に250mL摂取させ、走行中は、5km毎に自由摂取させた。また、被験者には25km走の3日前から各被験飲料を1日3回500mLずつ計1500mL (BCAA 6g/日) それぞれ摂取させた。25km走の前後に採血を行い、アミノ酸濃度および筋損傷の指標である乳酸脱水素酵素(LDH)濃度を評価した。

結果

25km走行時の被験物摂取量に群間の差はなかった(BCAA含有飲料:591±188mL vs プラセボ飲料:516±169mL)。25km走行中の血中BCAA濃度はBCAA含有飲料摂取時では維持されたが、プラセボ摂取時は低下傾向にあった。両条件とも25km走行により血中のLDH濃度は上昇したが、その上昇程度はBCAA含有飲料摂取時でプラセボ飲料摂取時に比べ有意に低かった。

考察

長距離走行時のBCAA飲料摂取は血中BCAA濃度の低下を抑制し、筋損傷を軽減する可能性が示唆された。

25km走時のBCAA含有飲料摂取が走行中の筋損傷に及ぼす影響
出典:J. Sport Med. Phys. Fit 2007; 47: 316-322を改変

その他の重点分野