ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. スポーツ栄養
  6. 競技力向上・カラダづくりに必要な栄養素
  7. スポーツ活動におけるBCAA(分岐鎖アミノ酸)の機能

栄養スポーツ活動における
BCAA(分岐鎖アミノ酸)の機能

カラダを構成するタンパク質は20種類のアミノ酸からできている

タンパク質は人体の構成部分として必要不可欠な成分で、
英語ではプロテインとも呼ばれており、20種類のアミノ酸が結合してできています。

カラダづくりには全てのアミノ酸が必要。
「必須アミノ酸」は体内で合成することができないため、
食物から摂取する必要があります。

ヒトのカラダを構成するタンパク質は、20種類のアミノ酸(必須アミノ酸9種類+必須アミノ酸11種類)が結合したもので、アミノ酸の数、種類、結合順序などにより、機能や形状が異なります。カラダづくりには20種類全てのアミノ酸が必要ですが、体内で合成することができない「必須アミノ酸」は食物から摂取する必要があります。筋肉でエネルギーとなる必須アミノ酸は「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」であり、その3つを総称してBCAAと(分岐鎖アミノ酸)呼ばれています。

BCAAの3つの役割

運動前にBCAAを摂取し、エネルギー源として利用することで、運動時のパフォーマンスを維持してくれます。
主な働きは以下の通りです。

  1. 1筋肉を構成する必須アミノ酸のうち30~40%を占める
  2. 2筋肉のタンパク質分解を抑制する
  3. 3運動時に効率よくエネルギー源として利用される

BCAAは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の総称で、
筋肉のたんぱく質分解を抑制し、
運動時に効率よくエネルギー源として利用されるアミノ酸です。

BCAAは運動時、特に必要な必須アミノ酸です

運動時のBCAA摂取の研究報告

BCAAを含む飲料を継続して摂取すると、運動前に血中BCAA濃度が高まります。 そのため、運動中のエネルギー源としてBCAAが効率的に利用され、乳酸の産生が抑制されることで持久力が向上する可能性など、運動時のBCAA摂取については数多くの研究報告があります。

その他の重点分野