ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. スポーツ栄養
  6. スポーツ栄養はタイミングが重要
  7. 試合前・当日の食べ方

栄養試合前・当日の食べ方

試合前(3日前~前日)の食べ方

持続時間が長い持久系競技の選手は、グリコーゲンローディングなどの筋肉中にグリコーゲンを蓄積させる食事方法を取り入れています。それ以外の選手も、試合前はなるべく消化に時間のかかる脂質の多い食事は避け、糖質中心の消化の良い食べ慣れた食事を心がけたいものです。食物繊維の多い生野菜、海藻、きのこ類はガスが溜まりやすくなるため、摂り過ぎには注意が必要です。試合前の生ものも避けてください。

試合当日の食べ方

当日は、試合3~4時間前には食事を終わらせておくのが理想です。さらに、試合時のエネルギー不足を防ぐために、1~2時間前に消化の良い軽食(ゼリー飲料など)をとるとよいでしょう。試合前には、イオン飲料(スポーツ飲料)で発汗で失う水分とミネラルを補給することも大事なポイントです。

試合当日の食事のとり方(例) 10時開始の場合
試合当日の食事のとり方(例) 14時開始の場合

その他の重点分野