ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. 女性の健康に関する栄養
  6. 更年期以降

栄養更年期以降

40歳代半ばをすぎると、閉経が近づき、卵巣の働きが衰えることで、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が乱れ、それに伴い心とカラダの様々な症状が現れます。この時期の女性は職場でも重責を担うケースも多く、責任ある立場で心身ともにストレスを受けやすい状況にあるとともに、家族環境の変化など、私生活の変容によって不安定になりやすい時でもあります。この時期のセルフケアは、仕事の場面においてベストパフォーマンスを維持する上でとても重要であり、さらには、その後のQOL(生活の質)、および健康寿命の延伸に影響することがわかっています。

更年期以降の女性には、女性ホルモン(エストロゲン)の低下に伴い、更年期障害、脂質異常症(高脂血症)、骨粗鬆症など様々な症状が現れます。

更年期以降に現れる様々な症状

更年期障害

女性の閉経の平均年齢は50.5歳で、その前後5年の約10年、45~55歳を更年期といいます。更年期障害とは、閉経前後の女性の不定愁訴の総称であり、のぼせ・発汗を主体とする血管運動神経症状のほか、情緒不安定・抑うつなどの精神症状など、様々な症状が含まれます。更年期障害の症状は、閉経に近づくにつれみられる女性ホルモン(エストロゲン)の低下が一因と考えられています。

女性ホルモン(エストロゲン)の変化
更年期障害の諸症状

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨折しやすくなるほどに骨量が低下した状態のことであり、女性ホルモン(エストロゲン)は、骨量の変化に大きな関わりを持っています。閉経や加齢、病気などにより、エストロゲンの分泌が低下すると、骨の形成が吸収に追いつかなくなり、骨量が減少してしまいます。高齢の女性に骨粗鬆症が多いのは、閉経により、急激にエストロゲンの分泌が減少するためです。

健康な骨の断面/骨粗鬆症の骨の断面

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなる疾患です。放置すると、動脈硬化が少しずつ進んでいき、心筋梗塞や脳卒中などの病気を引き起こすこともあるため、注意が必要です。
女性の場合、総コレステロールとLDLコレステロールは50歳頃に急激に上昇し、中性脂肪は40歳以後に上昇する推移を示す一方、HDLコレステロールは、50歳以後に低下する傾向があります。そのため、閉経後に脂質異常をきたすことが考えられ、実際に女性ホルモン(エストロゲン)の低下と脂質異常症との密接な関連も報告されています。厚生労働省によると、脂質異常症を疑われる女性は、50歳代以降急激に増加傾向にあります。

脂質異常症が疑われる者の割合(30歳以上)

特に更年期以降に摂取したい食品・栄養素

大豆・大豆加工食品・大豆加工補助食品

昔から「畑の肉」と呼ばれ、栄養素を豊富に含む大豆。大豆には良質なタンパク質のほか、リノール酸、オレイン酸、ビタミン・ミネラル類、そしてカルシウムや食物繊維などが豊富に含まれています。
また、女性ホルモンに似た作用をもつといわれる大豆イソフラボンなども含まれています。豆腐や納豆などの大豆加工食品、豆乳や大豆飲料、大豆加工補助食品などを上手に組み合わせて食事に取り入れると良いでしょう。

大豆および、主な大豆加工食品・大豆加工補助食品

エクオール

エクオールは、大豆イソフラボンの一つであるダイゼインから、腸内細菌の働きによって産生される代謝物です。大豆を摂取することで腸内で産生され、エストロゲン受容体に結合することから弱い女性ホルモン(エストロゲン)様作用を有します。このことから、大豆や大豆イソフラボンの摂取は女性の健康維持増進に貢献することが期待されています。しかし、エクオールを産生できる人の割合は、日本や中国など大豆をよく食べる国では約50%、欧米人では約30%にとどまるといわれ大豆を食べても、その恩恵を受けられない人がいます。また、産生できる人も健康状態やストレスにより腸内細菌は毎日変化するため、エクオールの産生量は変化し、急に作れなくなることもあります。女性の健康維持増進のためには、エクオール非産生者はもちろんのこと、産生者も、毎日エクオールを摂取するとよいと考えられます。

カルシウム

骨や歯の形成に必要な栄養素であり、閉経期以降の骨量減少や骨粗鬆症の予防と治療に特に必要とされています。

カルシウムが多く含まれる食品

ビタミンD

腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミンDが多く含まれる食品

その他の重点分野