オロナミンC博物館 オロナミンCに関する歴史や さまざまな漫画を大公開!

ナミ助の歴史ナビ

みんなの知ってるオロナミンCの
あまり知られていない歴史を、ナミ助が紹介するよ。

ボトル

1961年 「炭酸」がなければ、 ボクは生まれなかったナミ!? 〜 オロナミンC開発秘話 〜
「元気ハツラツ!」でおなじみのオロナミンC。
その開発の歴史は今からなんと50年以上も前、約半世紀前となる昭和36(1961)年にはじまったよ。あの頃は、大塚製薬初のドリンク剤「グルクロン酸ビタミン内服液」、翌年同時発売の「キングシロー」「クインシロー」などがあったんだ。おいしくてみんなを元気にするドリンクの開発はとーーーーっても大変だったんだって。そこに光を与えたのが、あのシュワシュワーとする「炭酸」。「炭酸」を入れるという、それまで誰も思いつかなかった革新的な新発想で、オロナミンCの開発は一歩前に進んだんだ。

1965年 ボクの名前には、 ちゃんと意味があったナミ! 〜 オロナミンC誕生 〜
「炭酸」という革新的なアイディアから、開発はどんどん進んでいったよ。「おいしいドリンク剤」を追い求めた結果、ついに昭和40(1965)年、革新的な炭酸栄養ドリンクとして、ボク、「オロナミンC」が誕生したんだ。今はみんなに覚えてもらっているけれど、当時はちょっと不思議な名前だと思われてたよ。実は、この名前、大塚製薬の大ヒット製品「オロナイン軟膏」の「オロナ」に、豊富に含まれた「ビタミンC」の「ミンC」をつけたもの。ちゃんと意味があるんだよ。一人でもたくさんの人たちに愛されるドリンクを目指して、この年、オロナミンCは歴史的一歩を踏み出したんだ。

1966年 当時、ボクを売り込むために 相当苦労したナミ… 〜 販売困難の壁 〜
「身近なところから消費者を」という方針のもと、ボクの売り込みを担当したオロナミンCの営業マンはいつもお世話になっている取引先を中心に、よく冷えたサンプルの配布に奔走したんだ。ところが、なんと…メインの販売先である薬局系ルートでは、清涼飲料水であるオロナミンCは販売困難という壁に直面!そこで食系小売店、交通機関、病院、学校、スポーツ施設、遊技場、浴場など、当時まだおつきあいのなかった販売ルートを、一軒ずつ地道に開拓していったんだ。そのおかげで、今のボクがあるってわけだよ。

1966年 ボクを「もう一度飲みたい♡」と 思ってもらいたかったナミ! 〜 宣伝販売活動 〜
販売網を広げる活動、ホーロー看板やテレビCMなどの宣伝活動もどんどん進めていったよ。その根っこのところには、「一度でも飲んでもらえれば、絶対にまた飲みたいと思ってもらえる。また、飲んだ方が他の方にも薦めてくれる」という確信があったんだ。いろんなところでサンプリングをしてボクの価値を伝える活動をした結果、本当に多くのお客さまから「もう一度飲みたい!」と感じてもらえるようになったよ。そして、こんなうれしいエピソードも。オロナミンC発売の昭和40(1965)年、徳島県阿南市内のうどん店に、お子さんが一人でオロナミンCを買いに来たんだ。実はこの子、向かいの薬局の息子さん。親にねだれば他社のドリンク剤がタダでもらえたのに、わざわざオロナミンCを指名してきたんだとか。こういう子どもたちや大人たちが、少しずつ増えていったんだ。

1970年 万博作戦、決行ナミ!ボクには 大きなミッションがあったんだ 〜 年間売上1億本を目指して 〜
オロナミンC発売から5年が経った昭和45(1970)年。この年はアジア初の大イベントとなった大阪万博が行われたよ。そこで決行されたのが「万博作戦」と呼ばれたミッションだったんだ。場内では全売店180店中実に105店でオロナミンCを販売、場外では大阪周辺のみならず北海道~鹿児島の各交通関連施設で販売を強化したよ。この日本全国をまたぐ作戦は功を奏し、2年後にはついに目標だった年間売上1億本を突破。「万博作戦」の努力は、こうして実を結んだってわけだね。バンザイ!

1972年 牛乳? 卵? ウイスキー? ボクはぜーんぶ相性ぴったりナミ! 〜 新感覚な飲み方 〜
「老若男女を問わず愛され、家族みんなに飲んでもらえるドリンクになる」という信念とともにボクは成長したんだ。大阪万博以降さらに人気を高めたのが、オロナミンCの新しい飲み方の提案だったよ。みんなも知ってるかな?牛乳と合わせた「オロナミンミルク」、卵黄を混ぜた「オロナミンセーキ」、ウイスキーを割った「オロナミ ンウイスキー」などがちょっとした話題に。昭和47(1972)年の大村 崑さんが家族でオロナミンCのカクテルを楽しむCMも、この頃放送していたよ。

1973年 価格高騰の波から、ボクを救った英断って何ナミ? 〜 オイルショックのピンチ 〜
一般的なジュースが35円だった昭和40年代、ボク、オロナミンCは100円だったんだ。確かにちょっと高いよね?でも、好きになってくれたみんなが指名買いをして飲んでくれたから売上も順調。ところが昭和48(1973)年のオイルショックで大混乱。その影響をボクもしっかり受けてしまった。原料の値段がすごく高くなってしまって、価格の見直しをせざるを得ないように。そこで講じられたのが最新生産システムの導入。なんとあえて設備投資をすることで効率化を実現し、値上げすることなく見事にこれまでの価格を維持できたんだよ。うーん、よくがんばった!

1985年 ボクの目標は、 世界のアイドルだったりするナミ!? 〜 海外進出 〜
ボク、オロナミンCを象徴する独特な形状の茶色のびん。ボディとも言う(笑)。この茶色のびん、海外で目にした方もいるのでは?実はすでに昭和60(1985)年からオマーン、バーレーン、カタール、クウェートといった中東各国でも販売しているんだよ。UAE(アラブ 首長国連邦)ではとても人気で、メジャー飲料としてたくさんの人に飲まれているよ。ありがとう!

To BeContinued

PageTop