消費者商品担当営業職|大塚製薬

ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 募集職種・研修制度
  4. 消費者商品担当営業職

募集職種・研修制度消費者商品担当営業職

消費者商品担当営業職の仕事内容

大塚製薬の消費者向け商品は医薬品のアイディアから生まれた製品です。サイエンスに基づいた商品コンセプトをお客様にお伝えし、理解して頂いた上で購入して頂くお仕事になります。
消費者商品担当営業職の仕事には、「営業」と「販売促進」の2種類あります。大塚製薬ではこの2つの連携を大切にしています。「営業」とは、新規市場獲得のための提案を行ったり、スーパー・ドラッグストア等で売り場作りを行います。「販売促進」は、熱中症予防のセミナーやイベントの開催など消費者の方々にダイレクトに商品の良さをお伝えするお仕事です。どちらのお仕事も大塚製品の必要性を理解頂き、ファン作りをして頂くものになります。

消費者商品担当営業職の研修内容

消費者商品担当営業職の導入基礎研修(4月入社後~5月中旬頃)

  • 社会人の基本作法やマナー
  • 営業職として必要な基礎知識
  • からだの仕組み
  • 基礎プレゼンテーション
  • 基礎栄養学
  • 製品概要
  • 基礎生理学
  • 製品周辺知識
  • スポーツ栄養学
  • 社内他の事業部について 等
フォローアップ研修(6月以降)
提案力強化/課題解決を目的とした研修
(回線使用現地参加型)
ステップアップ研修(入社2年目)
問題解決力アップを目指した集合研修

その他

  • 毎月1回のOSLO勉強会による製品関連及び周辺知識の学習
    ※ OSLOとはOtsuka Satellite Learning Officeの略

全職種共通の研修内容

  • 入社時合同研修
    大塚製薬の文化を社員ひとりひとりが理解を深めることで、大塚らしさを未来に向って進化させていくための研修です。
  • 職位研修
    各職位で必要とされるマネジメントに関する内容を学ぶ研修です。

消費者商品担当営業職の社員を知る

その他の職種を知る